上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は、2010年11月に行ったパリ・ウィーン旅行で撮った写真の中から初めて行ったお城を中心にアップしたいと思います。

 ※写真は、パリ・ウィーン旅行記で使用したものを集めていますので、ご了承ください。


 フランスからは、ヴォールヴィコント城・シャンティイ城を、またお城ではありませんが、パリ・オペラ座とモンサンミッシェルを載せます。

 オーストリアからは、シェーンブルン宮殿と王宮を載せたいと思います。

 ※写真を集める都合上、順番は前後しますのでご了承ください(結構これが大変なのよ・・・)

 ということで、続きより、フランス・オーストリアで撮ったお城達をちょこっとばかし載せていきたいと思います♪



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


paris2010-1+163_convert_20101125220459.jpg
 まず、最初は、ヴォールヴィコント城です。「仮面の男」(主演レオナルド・ディカプリオ)をご覧の方はお分かりですね?ここを舞台に撮影が行われたところです。

 ホラっ、この門から馬車で入場するシーンがあったでしょ?

 お城自体も時の財務大臣フーケにより完成させましたが、その豪華さに嫉妬したルイ14世が彼を投獄し、設計にかかわったものを全て雇い入れて作ったのが、かのベルサイユ宮殿だと言われています。

 実際、フーケの失脚は、ルイ14世の嫉妬というよりも、政敵の陰謀によるものとヴォー城では案内してましたが・・・。

paris2010-2+029_convert_20101125223014.jpg
 映画をご覧の方はお分かりですね?この真ん中のドアから花をまかれながら、レオナルドディカプリオが出てきましたよね~。

 お城自体は、こじんまりとしてますが、タヌキ猫は来てホント良かったな~と思えるお城でした♪ただ、ツアーとかだと、昔は、マイバスとかが、「仮面の男」をやった当たりの時はやっていたみたいですが、現在は日本語ツアーに関しては、やっていないそうです。

 季節限定ではありますが、シティラマなどが、フォンテーヌブロー城とセットで、送迎のみのツアーをやっているみたいですが、結構お値段がしていました。

 んじゃ、タヌキ猫はどういったのよ?っていうと、パリから電車で行きましたよ!
 個人でも、きちんと調べていけば行くことができます。

 ヴォールヴィコント城へアクセスするバスに関しては、
 きちんと時刻表をコピーして行ってくださいね!

paris2010-2+075_convert_20101126124928.jpg
 お次は、シャンティイ城です♪コチラは、ツアーがあるようですが、やっぱり高いかな~、タヌキ猫は、個人で電車で行ったのですが、駅から、シャンティイ城までは、結構歩くんですよね~。歩くのはちょっとって言う人はツアーの方がいいのかな・・・。


 お城は立派でしたよね~。なんたって、あのルーヴル美術館に次ぐ美術品の収蔵量だそうですから・・・。でも結構、別料金の部屋とかがあって残念だったかな・・・。また、道路を挟んで、厩舎があるんですが、そこが開いていたら、もっと楽しめたかも・・・。

 ちなみに、このお城の敷地内にココ発祥のシャンティイクリーム(=ホイップクリーム)を出すお店があります♪バリバリのフランス語で何言ってるか分からなかったけど、おいしかったですよ♪

 お天気が良ければ、湖面に逆さシャンティイが写るそうなんですけどね~。

 paris2010-2+122_convert_20101126161250.jpg
 お城じゃないけど、パリ・オペラ座です(写真は裏手です)

paris2010-2+134_convert_20101126161734.jpg
 中に、こんなキンキラなお部屋があるんですよ♪前回のパリ旅行の時はスルーしてましたけど・・・。ルーヴル美術館の中にも、王宮時代の装飾がある部屋が残ってたりするんで、パリ市内観光が中心の方は、見てみるといいですよ!!

paris2010-3+011_convert_20101126215244.jpg
 ウィーンよりシェーンブルン宮殿です。中は撮影禁止のため、写真はありませんが、とても上品な作りでした。この一年前にベルサイユ宮殿を見ていますが、まさに、同じ巨大宮殿といえども、間逆ですね・・・。

 両方の宮殿をみると、マリア・テレジアが娘のマリー・アントワネットを心配した気持ちが分かる気がします。

 このシェーンブルン宮殿は白地に金と上品さが煌めく宮殿でした。ベルサイユ宮殿は、キンキラキンで下品にさえ見えます。なかなか、一度の旅行で両方の宮殿を見ることはできないでしょうけど、シェーンブルン宮殿すっごく来た甲斐がありました♪

 paris2010-3+031_convert_20101126215909.jpg
 ウィーン市内にある旧王宮です。銀食器などの部屋など一部撮影可能のようですが、これまたほとんどの部屋が撮影禁止なので写真はありません。

 ただ、未だにシシィ人気が高いのには驚きましたね~。こちらも結構、キンキラではありましたが、フランスにはない上品さがあって、とてもよかったですね~。

paris2010-4+016_convert_20101222194528.jpg
 再び、フランスよりモンサンミッシェルです♪ここもお城ではありませんが、要塞だった時もありますんでね・・・。

 前回のパリ旅行の時は、アクセスの悪さに行かなかったのですが、今回、往復送迎のみのフリーパックがマイバスから出たので、それを利用して行きました♪

 モンパルナスから、TGVで、レンヌまで行って、そこから、バスっていうのも良かったのですが、手配が面倒に感じた上に、結局バスじゃんということで・・・。

 すっごく時間はかかるけど、行ってみて人気があるのがよくわかりました♪ただ、階段に次ぐ階段の上に坂道ですので、足が悪い方は大変かな・・・。

 んで、バスツアーだと、トイレ休憩が少ないので、近い方は大変かも(高速道路上にトイレが少ないんだってね・・・)

 今回は、日帰りながら、パリからウィーンへ旅行する機会があり、お城を見比べることができて、面白かったですよ!ウィーンって結構、上品な街なんですね~。さすがは、ヨーロッパの名門、ハプスブルク家の治めた都だわ・・・。

 フランスもきらびやかさでは負けないけどね♪

 こんな感じで、今回の旅行で訪れた先をお城特選という形でご紹介しました。また詳しくは、タヌキ猫のパリ・ウィーン旅行記をご覧になってくださいね~タヌキ猫でした♪


 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ヨーロッパ旅行
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。