上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 経営再建中のJALが、ここにきて、さらなる路線撤退を考えていることが分かった。今後詳細が明らかになってくるのだろうが、JALマイラーのタヌキ猫としては、より選択肢がなくなることが悲しい・・・。

 昨年の、パリ旅行で帰国便で利用した、パリ-中部便は既に撤退するなど、待ったなしの路線撤退が続きそうだ。

 ANAに国際線継承を!といった、トンチンカンな意見もあるそうだが、JALが撤退した中国路線などでは、競合するJALがいなくなったことをいいことにANAが運賃値上げをするなど、まさに時代に逆行することをしている現実がある。

 多かれ少なかれ、やはり競争相手がいたほうがいいということであろう。


 人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



 新聞報道によれば、新たな追加撤退案がある路線は以下のとおりである。(以前より名前のあった所は除く)

 成田 - サンフランシスコ
    - サンパウロ
    - ミラノ
    - デンパサール(インドネシア)
    - コナ(ハワイ)

 関空 - バンコク
    - デンパサール
    - 北京
    - 広州
    - 香港

 中部 - バンコク
    - 広州
    - 天津

 といったところだ。路線によっては、同じアライアンスのワンワールド加盟航空会社でカバーしたり、提携関係にある航空会社によるコードシェア便でなんとかなる場合もあるが、度重なる追加撤退路線案に現場も大変だろうと思う。

 また、今回の撤退案に先がけて、ボーイング747といったジャンボ機やA300-600といった経年機の退役を今年度中に前倒しするそうである。

 機材の経年による経費の増大は深刻で、退役はやむを得ないかと思うが、やはりJALで行ける場所がどんどん減るのは、さみしい限りである。

 ただ、今年、10月には、羽田再国際化による新規路線の開設が見込まれる。JALがどんな所に就航するのか、楽しみに待っていたいと思う。

 人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:飛行機(航空機)
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。