上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タヌキ猫です。2016年01月に、ベトナム航空民営化の一環として
 ベトナム政府が主導する形にて株式の売却がANAとの間において

 ベトナム航空株の約8.8%を2兆4310億ドン(約117億円)取得する
 基本合意がなされました。

 このほど、正式に業務資本提携が締結されたことにより
 2016年冬スケジュール(10/30~)より、長年にわたってコードシェアを
 
 組んでいましたJALとは、コードシェア解消とし、ANAとのコードシェア
 に切り替わることとなります。
 

DSC05527_convert_20141215103816.jpg
 (写真は羽田空港にて2014年12月13日 撮影)
 
 JALはワンワールド・ベトナム航空はスカイチーム
 ANAはスターアライアンスとそれぞれに連合は異なるものの
 今回のJALとのコードシェア解消は残念に思っています。

 8.10ペーパーの縛りにおいて、新規投資にブレーキがかかった中で、
 JALは長年の良好的な関係を活かすことができずに、

 ANAに持っていかれた感が強いですが、ベトナムはまだまだ
 伸びしろがある国だけに、今回のコードシェア解消はJALにとって
 ショックな面もあろうかと思います。

 現在、JAL自社便運航は、ハノイ・ホーチミンシティ
 といったところでしょうか。

 観光となると、フエやニャチャンなど(←どうでしょうでの知識ですが)
 まだまだこれからというところがあるだけに、もったいないですが、
 JALの置かれている立場からすれば、致し方なしでしょうか。

 今後ANAからは役員の派遣など、かなり深化した形
 での提携が行われていくこととなります。

 ベトナム航空が民営化によって、どのような脱皮を遂げていくのか
 今後の発展を見守りたいと思います。


 タヌキ猫でした。



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:飛行機/フライト/機内食
ジャンル:旅行
コメント
全くの同感です。

今のJALのたち位置を考えると、なんとも言えないけどANAに持っていかれたという気持ちはウソではないです。

特に公になる前はJAL側は何も聞いてないということを考慮すると、煮え切らない思いがあります。

ベトナムという就航地を考えるとなおさらです。
2016/06/23(Thu) 00:24 | URL | pken. | 【編集
pken.さん、コメントありがとうございます♪

なかなか、JALが身動きできなかった中での出来事であっただけに
もったいないことをしましたね。

やっぱり煮え切らないところはあるかと思います。
まだまだ、伸びしろのあるベトナムなだけに、今後JALがどのような戦略を
もって、今後やっていくのかが、注目されるところですね。



タヌキ猫でした。
2016/06/23(Thu) 13:22 | URL | タヌキ猫 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。