上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 パリ旅行5日目。とうとう、パリ滞在最終日である。朝食は、買いだめていた食材を食べて終了。ここでちょっとした難関が・・・。そう、ホテルのチェックアウトである。そして、飛行機が夕方のため、大きいトランクを預かってもらわなければならない・・・。初日のチェックイン時のこともあり、ドキドキした。

 そして、チェックアウト。なかなか、パソコンを見た係の人がいくらなのか言わない・・・。一体いくらになるんだ・・・。結局、有料とは知らずに食べた朝食一回分14ユーロだけだった(139.2換算で1948円)おいおい、こんなするんだったら食わなかったよ・・・。

 まぁ、これは、折込済みだったので、良しとしよう。問題の旅行トランクの預かりだ・・・。

 日本で、サイト登録しているフォートラベルなどで、フランス語とかでのカバンを預かってっていう言葉を調べてもらっていた紙があったので、それを言いつつ、紙をみせているタヌキ猫・・・。

 どうしょうもないな(笑)

 ちなみに、「カバンを○○時間まで預かってください」をフランス語でいうと・・・。

 Pourriez-vous garder ma (or "mes") valise(s) jusqu'a ○○ heures.

 ぷりぃうヴ ぎゃるで ま(荷物いくつかあったら め)ヴぁりーず じゅすか ○○ うるー

 発音しやすく、かつフランス人に通じるカナを付けるとこんな感じです(笑)

 ○○に時間をいれてくださいね。

 (例:13時→ゆぬーる 14時→どぅずーる 15時→とわずーる)


 こんな感じで、答えました。(フォートラベルで書いてくれた人の文をそのまま掲載しました。本当にありがたかったです(泣))

 すると、いいですよって感じで応えてくれて、カバンをこっちに持ってきてと言われたので、ついていくと奥の方に、鍵のかかる部屋があって、その中で、カバンを保管してくれました!番号札を渡されるので、無くさないようにしないと・・・。

 タヌキ猫が預けた時には、ほとんどカバンはありませんでしたが、引き取りに行った際には、たくさんのカバンが・・・。

 良かった、預かってもらえて・・・。

 ちなみに、英語で「出発まで(5時)まで荷物を預かってもらえますか?

 Could you keep my baggage until my departure time (five)?


となるそうです。本当に感謝、感謝!!


 さあ、出発までの間、パリ観光に出かけます。今日はシテ島を回ります。ホテルから、ルーヴルまで出て、後は、セーヌ河沿いを歩くだけ・・・。楽だ・・・。


 ポン・ヌフ橋

paris1-3+076_convert_20090612180514.jpg
 コンシェルジェリー。フランス革命時、政治犯の収容所となったところですね。

 ミュージアムパス利用できるということで、9時のオープンにすぐ入れると思いきや、みんな一緒の列・・・。意味無いじゃん・・・。

 しかも、混んでいる・・・。手荷物検査もあります・・・。

paris1-3+077_convert_20090612180550.jpg
 マリーアントワネットが最期を過ごした部屋の再現。暗くて見づらいですが、壁にある王家の紋章のユリの花が無残にも切り裂かれています・・・。

paris1-3+078_convert_20090612180621.jpg
 んで、後ろには、常に2人の見張りが・・・。

 これが、フランス王妃の最期とは・・・。

paris1-3+080_convert_20090612180710.jpg

 その隣にあるサント・チャペルです。ステンドグラスがとてもきれいな所だそうで・・・。ここも、パリミュージアムパスで入れるのですが、やはり、みんな一緒の列・・・。観光立国だって言う割には、こんなもんか・・・。なんせ、手荷物検査で時間がかかりましたね・・・。中には、トイレがありますが、とても落書きだらけでした・・・。ある意味、トイレに人を置いておかなければならない理由がわかったようなきがします・・・。

paris1-3+082_convert_20090612180901.jpg

paris1-3+083_convert_20090612180933.jpg
 日の光がたくさん入っていれば、より一層奇麗なんでしょうね~。

paris1-4+003_convert_20090612181039.jpg
 そして、てくてく歩いて、ノートルダム寺院。こちらも、ミュージアムパスで入れますが、すっごい行列が・・・。この旅行の中で一番の行列かな・・・(エッフェル塔といい勝負)

paris1-4+004_convert_20090612181112.jpg
 そういや~、イギリス行った時も、寺院の中は入れなかったっけな~と思いだす。たいがい、海外旅行に行って、ちょっとした未練を残すタヌキ猫。今回はこれにしよう・・・。

 壁の壁画

paris1-4+006_convert_20090612181137.jpg
 外から、少し見えた中のステンドガラス。タヌキ猫的には、こっちの方がきれいだと感じた・・・。やっぱり光が多く入っていると、すごくきれいに見えますよね?

paris1-4+008_convert_20090612181215.jpg
 ノートルダム寺院の裏っ側。この辺には、たくさんのお土産屋さんがありましたよ!

paris1-4+010_convert_20090612181300.jpg
 パリ市庁舎。豪華すぎるような・・・。

paris1-4+011_convert_20090612181330.jpg
 そして、パリ最後の食事はこちら・・・。ラーメンと餃子です(笑)おいおい、また、こんな感じで食事終了かよ~?っつう声が聞こえますが、そう、これで終わりです(笑)タヌキ猫は、その土地その土地の食べ物を食べることがメインではなく、ひたすら、見る・見る・見るがモットーなので、一人で海外旅行行くと毎回こんなもんです・・・。前回のスイス旅行の旅行記をご覧になった方は、おわかりでしょ?
 要は、金がないんだろタヌキ猫?それも言えてる・・・。

 ちなみに、オーソドックスなラーメン7ユーロ、餃子3.5ユーロ。やっぱりラーメンは日本の方がおいしいですね(笑)でも、この界隈は、日本人街のようで、結構、和食のお店などが、多く、日本語や日本人の店員が多いようです。

 絶対に行くまいと決めていたのに、このザマ・・・。一人旅行は、時にさみしいものなんですよ・・・。っつう、悔しさはスイスに置いてきました(笑)

 ここで、トイレを借りるも、あまりの狭さに絶句・・・。


 このあと、ルーヴル美術館へ行き郵便局へ・・・。本当はエッフェル塔にあるはずの郵便局から出そうと思っていた葉書を出します。

 ちなみにこのルーヴル美術館から出すとスタンプにルーヴル美術館が!!タヌキ猫興奮です(笑)

 フランス語で切手はタンブホ 一枚0.85ユーロ。日本に届くまでに10日近くかかったかな・・・。

paris1-3+047_convert_20090612180027.jpg
 そして、タヌキ猫がお土産をそろえたお店はこちら!!

 「ブティック モンディアル」店員さんは日本人で、とても、話しやすい方でした。結構、小さいお土産から、バラマキ土産まで幅広く揃えられていたので、おみやげは、ここだけで用がすみましたね。

 店内は、お世辞にも広いとは言えませんが、ひとつひとつ、丁寧に説明してくれるし、近くにある某有名百貨店の店より安く買えます(笑)

 もちろん、とびっきり高価なものとかはないですけど、こじんまりとした感じがタヌキ猫は良かったですね!!

 こちらの店の情報をば・・・。

 「ブティック モンディアル」 営業時間 10~19時 日・祭日 12時~19時

 場所は、オペラ座を背に、オペラ通りをルーヴル美術館方面へ歩きます。途中、モノプリとかもありますが、そのまま、まっすぐ、するとこの、ちょっとド派手な外見のお店に着きます。

 なにせ、日本語が通じるのが強みですし、気取った感じがなくてイイ!そんなこと言ったら怒られますね(笑)でも、また、パリへ行く機会があったら、お土産を買いに寄りたいお店ですね。


 さあ、お土産も買ったし、カバンをホテルに引き取りに行って帰りです!!カバンは番号札を渡したら、あっさりと出てきました(笑)

paris1-3+008_convert_20090612180301.jpg
 空港行きのバス停ですね。行きにロワシーバスでオペラ座まで来た人は同じ場所からの出発ですから分かりやすいと思います。帰りだけ使われる方、オペラ座の裏側の方にバス停がありますので、あらかじめの確認が必要かもしれません。

 切符はJCBプラザ・パリで購入していたので、そのまま乗車しました。必ず打刻を忘れずに!!そして、行きと違うのは、必ず運転手がどこのターミナルを利用か聞いてきます。自分がどのターミナルを利用するか、あらかじめ調べておきましょう!!

 タヌキ猫は、帰りは日本航空のため2F(注:日本航空のターミナルは2Eに変更になっています。確認をしてください)と運転手に告げます。

 夕方のラッシュ前ということもあり、50分くらいでシャルル・ドゴール空港まで行っちゃいました。行きは70分近くかかっていたのに・・・。

 相変わらず、固いイスで・・・。18時の飛行機に乗るのに、14時半ころにはオペラ座を出発してましたね(笑)

paris1-4+012_convert_20090612181403.jpg
 迷うことなく、日本航空の搭乗手続きカウンターへ。道すがら、免税店とかがたくさんあったので、早く来たから、たくさん見れるねって喜んだのもつかの間・・・。

 搭乗手続きの際に係員が何か言っている・・・。なんだべ??日本航空なので、日本人スタッフがいるので、何を言っているか聞いてみると・・・。

 フランス出国の際のチョコなどの解けるものは預け手荷物でお預けくださいますようお願いいたします!とのこと・・・。

 ん???そんなことって、あったっけ???
 
 オーストラリアもイギリスもスイスも、そんなことを言われたことはない!なんでなの?と聞いたが、手荷物検査で没収の可能性がありますとのこと・・・。

 え~没収は困る・・・。でも、カバンに入らない・・・。

 どうにかならんかね?って聞くと、フランス人係員が手荷物検査場へ・・・。OKだよって・・・。おいおい、いいんだ・・・。ということで、さっさと手荷物検査場を通る・・・。

 外の免税店は見れなかった・・・。

paris1-4+013_convert_20090612181437.jpg
 んで、ゲートを出たところの風景。すごく光が入って明るい!でもね、熱いのよ・・・。これ待合のイス日当たり良すぎない?日陰ないよね・・・。もしかして、これで、チョコはダメなのかと考えてしまうほど・・・。

paris1-4+014_convert_20090612181518.jpg
 待ち合わせの椅子のあるフロアの下に免税店がこんな感じで・・・。でも日本航空のターミナルが2Fから2Eに変更になるので、雰囲気は違くなると思うが・・・。ちょっとした軽食をとるところもあるが、やはり高いかな?

 トイレは国際空港にしては、少なすぎる・・・。ヨーロッパの人って、あんまりトイレ行かないの?って聞きたくなっちゃいますね・・・。この間のヒースローのトイレの広さを体験した後だから、なおさらなのかな?荷物置くところも、あまりないし・・・。

 もちろんキングオブトイレは成田空港ですね(笑)本当にトイレの数、場所ともにトップです!和式あるしね(大笑)ある意味、おもてなしの心?

paris1-4+015_convert_20090612181547.jpg
 帰りの便でお世話になる飛行機。連絡橋が邪魔できれいに写らん・・・。

 飛行機に乗るまでの間の時間が結構あったので、手荷物検査場を出て、すぐ左の売店で、水を購入。500のエビアンで1.90ユーロ。空港だから、しょうがないか・・・。そしたら、店員さんがトウキョウ?ナゴヤ?って聞いてくる・・・。

 タヌキ猫がこれから乗るのは名古屋(中部国際)便なので名古屋と答えると、レシートに名古屋便の便名が・・・。液体物持ち込み制限の影響か・・・。

 そして、搭乗。成田直行便が取れなかったので、中部国際経由で帰る(タダなのに文句言うなよタヌキ猫・・・)

 18:00定刻どおり(実際は少し早かったかな?)パリ・シャルルドゴール空港を離陸。

 便名はJAL438便 中部国際行き 機材は777-200。小さい飛行機のように感じだが、座席配列は3-4-3。やっぱり2-4-2が理想だよね・・・。やはり、座席は後ろから10番目くらい・・・。特典航空券だから仕方がないといえば、仕方がない。

 中部国際までは11時間50分のフライトです。機内食などは、またあす以降のブログで・・・。


 ではでは、また後日!!



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:フランス
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。