上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タヌキ猫です。このほど国土交通省より
 航空機内における電子機器の使用制限を緩和する
 発表がなされました。

 アメリカ連邦航空局(FAA)・ヨーロッパ航空安全局(EASA)の方針変更に伴い
 技術面・運用面からエアライン等の意見を踏まえての意見交換会を
 重ねてきましたが、今回ひとつの決着をみたところです。


 DSC02986_convert_20131203174005.jpg

 2014年9月1日より
 (現行制度を踏まえて)

 デジタルカメラや機内モードの携帯電話など、
 電波を発信しない電子機器を、常時使用可能とします。

 ただし、電話や通信の利用、モバイルWi-Fiの利用など電波を
 発信するものは従来通り使用不可とします。

 ※ご利用になられる機材によっては従来通り、離発着時の使用制限が
  かかるとのことですので、ご注意ください。
 

 B787・B777
 B767(一部を除く)・B737(一部を除く)

 A380・A320

 ボンバルディアCRJ-100型機
 CRJ200型機などは「タイプ1」

 として、制限の緩和が実施されます。


 詳細等は、国土交通省より発表されました
 報道発表資料:航空機内における電子機器の使用制限を緩和
 をご覧ください。


 また、国土交通省より注意事項として・・・

 電子機器利用に際しては周囲の旅客に対して
 迷惑を及ぼさないよう、ご配慮願います


 との発表がなされています。制限緩和により、当初は
 混乱が予想されますが、ご搭乗の際は、アナウンスを
 よくお聞きになり、適切な利用をお願い致します。


 タヌキ猫としては、日本の空にて離発着時における
 (シートベルトサイン点灯時ね)
 デジカメでの写真撮影ができることは歓迎しつつも、
 しばらくは様子見かと思います・・・(汗)
 (載せれる写真が増える=編集が大変なのよ・・・)


 タヌキ猫でした。


   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:飛行機/フライト/機内食
ジャンル:旅行
コメント
こんばんは、はじめまして。
いつも楽しくブログを見ておりどこか行きたいなと想像しております。
3月31日に羽田よりブリティッシュエアウェイズに搭乗した時はすでに使える状態でした。機内放送を聞いてへぇーと思いました。日本は遅いと思います。(昔に航空局の仕事をしまして、その時にこの人たちはと何度も思い言ってしまったことがありました)
ちなみに私もよく羽田空港には遊びに行っておりますのでいつか会うかもしれませんね。
2014/08/09(Sat) 00:27 | URL | やっくん | 【編集
アメリカはだいぶ前から着陸直後の通話は可能でしたし,昨年からもう常時使用可能になっていますから,前にコメントされた方がおっしゃる通り日本は遅いですね.

ちなみに,今アメリカでは飛行中の通話を認めるかどうかで議論になっています.
2014/08/10(Sun) 11:17 | URL | tak-airtravel | 【編集
やっくんさん、初めまして♪
コメントありがとうございます!!

いつもお楽しみ頂いているとのこと、
ウレシイ限りですね♪

既にBAでは可能となっていたんですねぇ~。
ヨーロッパの方が早いからでしょうかね。

仰る通り、日本は、色々な面で
航空行政は遅れていると感じることがあります。


タヌキ猫も羽田へは行く機会が多いですので、
もしかしたら、すれ違っているかもしれませんね。

結構多くのギャラリーがいらっしゃいますよね(笑)

こんなブログではありますが、
また遊びに来てくださいね♪

タヌキ猫でした。
2014/08/10(Sun) 19:01 | URL | タヌキ猫 | 【編集
tak-airtravelさん、コメントありがとうございます♪

そうなんですよね~、アメリカが先陣を切っての
制度変更でしたからねぇ~。

なんと、飛行中の通話を認めるかの議論をしているんですか!!

タヌキ猫としては、ビジネスでフライトする機会が少ないので
機内での通話は・・・認めてほしくないなぁ・・・。

隣ででかい声で喋られた日には・・・
なんて思っちゃいますけどね(笑)


タヌキ猫でした。
2014/08/10(Sun) 19:05 | URL | タヌキ猫 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。