上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タヌキ猫です。先の羽田空港国際線発着枠拡大にて、JAL5路線・ANA11路線と大変、不平等な発着枠拡大となりましたが、このほど、ANAでは、スケジュール発表がありましたので、羽田空港という重要路線であるため、書いてみたいと思います。

 タヌキ猫バリッバリのJAL派ですので、ANA派の皆様には「?」ということもあろうかと思いますが、タヌキ猫の見立てと思って、ご容赦いただければなと思います。

DSC03976_convert_20131119061304.jpg
 (成田空港にて、ANA機です)
 ANA 2014年3月30日からの夏スケジュールでは・・・。

 羽田発着にて、あらたにロンドン、パリ、ハノイ、ジャカルタ、マニラ、バンクーバー線の6路線を新規開設します。(中国路線は関係当局と協議中)

 シンガポールとバンコク線においては、増便を図ります。
 ドイツ路線では、新設・増便を図ります。

 さっそくではありますが、フライトスケジュールを見てみましょう。

 
  羽田-ロンドン線(777-300ER)新設
  NH277 羽田(11:30)→ロンドン(16:00)
  NH278 ロンドン(19:35)→羽田(翌日15:15)

 いい時間帯でフライト組みましたね・・・(汗)
 ほぼ、JAL401/402便の成田‐ロンドン線にぶつけてきた感を強く受けました。
 
 これに伴い、ANA成田‐ロンドン線は運休とし、ヴァージン アトランティック航空(VIR)によるコードシェアのみとしました。

 B777-300ERを使用とのことで、JALでは、羽田発着路線にてB777-300ERを投入していませんからね~。
 しかも、羽田発着にてファーストクラスを設定とのこと。

 今まで、ロンドン線においては、JAL&BAのタッグを組んでいたワンワールド陣営が優勢と思っていましたが、かなりガツンとやられた感じを受けました。


 羽田-パリ線(777-300ER)新設
  NH215 羽田(10:25)→パリ(15:45)
  NH216 パリ(21:10)→羽田(翌日16:00)

 これまた、JAL405/406 成田‐パリ線を意識してと申しますか、仕掛けてきたというべきスケジュールですね。

 こちらも、ファーストクラスを設定しているということで、JAL&AFの強固なタッグに風穴を開ける印象を受けました。

 これに伴い、成田‐パリ線はスケジュール変更となります。

  成田-パリ(777-300ER)
  NH205 成田(13:55)→パリ(19:25)
  NH206 パリ(17:30)→成田(翌日12:10)


 羽田-フランクフルト線(777-300ER)増便
  NH223 羽田(11:25)→フランクフルト(16:35)
  NH224 フランクフルト(20:45)→羽田(翌日14:55)

 この路線は、既に深夜時間帯にて、B787型機にて運航しておりますので、夏スケよりWディリー化となります。

 こちらも、JAL407/408便にぶつけてきたな・・・と強く感じてしまいました。
 どうしても、だいたい、この時間帯になるんでしょうが、ANAさんのJALに対する、凄まじい執念をこの欧州線ダイヤで感じるのはタヌキ猫だけでしょうか?


 羽田‐フランクフルト線におけるファーストクラス導入までは確認できておりませんが、羽田路線にB777-300ERをしかも、ロンドン・パリ線にはファーストクラス、成田発着のJAL便とだいたい同じ時間帯に設定することで、羽田の地の利の良さを最大限、際立たせる戦略かとタヌキ猫は受け止めています。

 いや~、この3路線だけ見ても、ANAの並々ならぬ、対抗心を感じますね。
 JALでは、ロンドン・パリ線と新シートを搭載した機材を投入しておりますが、フランクフルト線においては、4月にようやっと、導入が開始されるという状況下にて、ドイツ路線における、JAL・ANAの差は、火を見るよりも明らかな状況下におかれることになります。


 羽田-ミュンヘン線(787-8)新設
  NH275 羽田(12:35)→フランクフルト(17:20)
  NH276 フランクフルト(21:25)→羽田(翌日15:50)
 
 これに伴い、成田‐フランクフルト・成田‐ミュンヘン線は、運休とし、成田‐ミュンヘン線の枠を、デュッセルドルフ線に振り向けます。

 羽田-デュッセルドルフ線(787-8)新設
  NH941 羽田(11:00)→フランクフルト(16:00)
  NH942 フランクフルト(18:35)→羽田(翌日13:00)

 デュッセルドルフは、ドイツにおいて、日本企業の進出・在留邦人も多い地域ですからね~。ANAさん、いいところに目をつけたと思います。

 敵ながら、ロンドン・パリ・フランクフルト線と編集しながら、「見事!!」と感服してしまいました・・・。

 大型機では、採算が合わなくても、B787で飛ばせば採算ラインに乗ると踏んだんでしょうね。
 ルフトハンザが同路線を就航発表までして、取りやめた経緯もありますが、お見事かと存じます。


 ただ、デュッセルドルフ空港から、日本人の多くが住む地域まで距離があるということで、タヌキ猫は行くなら、JALフランクフルト線で、空港から、日航デュッセルドルフまで、JALのバスかな・・・。



 それでは、続きより、未だ協議中(というか先方やるきあるのかしら?)の中国路線を除く、新設・増便路線をご覧ください。



   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪


 羽田-バンクーバー(767-300ER)新設
  NH116 羽田(21:55)→バンクーバー(14:55)
  NH115 バンクーバー(16:55)→羽田(翌日19:05)

 うん、観光で行くには、いいフライトスケジュールですよね♪

 羽田-ジャカルタ(787-8)新設
  NH855 羽田(10:05)→ジャカルタ(15:40)
  NH856 ジャカルタ(21:25)→羽田(翌日07:10)

 だいたいJAL725/726 成田ージャカルタ線にぶつけてきたかな・・・。
 JALでは、B777-300ERにて運航し、ANAでは、B787-8を使用ということで、ビジネス客の多い同路線にて、ANAにもっていかれそうだな・・・。

 これに伴い・・・
 成田-ジャカルタ(767-300ER)
  NH835 成田(17:40)→ジャカルタ(23:30)
  NH836 ジャカルタ(06:25)→成田(15:55)
 へと、運航時刻変更となります。



 羽田-ハノイ(767-300ER、6月から787-8予定)新設
  NH857 羽田(08:55)→ハノイ(12:05)
  NH858 ハノイ(14:00)→羽田(21:05)


 羽田-マニラ(767-300ER、5月から787-8予定)新設
  NH869 羽田(09:55)→マニラ(13:30)
  NH870 マニラ(14:40)→羽田(19:55)

 JL741/742成田ーマニラ線にぶつけてきましたね~。



  羽田-シンガポール(787-8)増便
  NH841 羽田(11:05)→シンガポール(17:20)
  NH842 シンガポール(11:50)→羽田(20:00)
 
  これに伴い、羽田発着便では、深夜便と合わせてWディリー化をし・・・
   成田-シンガポール NH111/902を運休とし、成田線は週14往復を週7往復へ減便とします。



 羽田-バンコク(767-300ER/777-200ER、両便とも7月以降787-8予定)増便
  NH847 羽田(10:50)→バンコク(15:25)機材:767-300ER
 NH848 バンコク(10:25)→羽田(18:45)機材:777-200ER
 とし、 深夜便と合わせてWディリー化した上で、成田-バンコクNH953/916を運休とします。


 未だに、ANAが獲得した羽田空港国際線発着枠のうち、中国路線だけ未確定ではありますが、おおむね、いいフライトスケジュールを組んだと思います。

 その地の利を生かし、またJALへの対抗心をむき出しにしたフライトスケジュールと拝察いたします。


 かと言って、JALもJALで、頂いた発着枠5枠をいかに最大限利用できるか、今後の発表が待たれます。

 今回のANAのスケジュール発表をどう見ますでしょうか?
 ビジネスにて、フライトする方にとっては、ANAへシフトする方もいらっしゃるかと思います。

 それを狙ってのスケジュール決めと強くタヌキ猫は感じていますので、いかにJALが対抗策を講じることができるか勝負だと思います。

 今回のANAのフライトスケジュール発表を持ってしても、いかに国土交通省が過大な傾斜配分を行ったかがよくわかるかと思います。

 間違いなく、JALの経営に影響が出ることは、感じられる方も多いかと思います。
 さぁ、2014年夏スケから変わる羽田空港国際線どうなりますでしょうか・・・。


 ANA以外にも、複数社、発着枠拡大によるフライトスケジュールを発表していますので、追々、タヌキ猫のブログでもご紹介できればなと思います。


 タヌキ猫でした。


   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:飛行機/フライト/機内食
ジャンル:旅行
コメント
こんにちは。

羽田に就航予定の航空会社が次々とスケジュールを発表し始めましたね。

ANAはJALの成田路線の便をかなり意識して時間を設定してきたと思います。
利用する人の住んでるとこによってみなさん違うと思いますが、神奈川や東京の人はやっぱ羽田の方が近くて良いですから同じ時間で行くなら、成田よりは羽田のANAを使った方が楽でしょうね。

あとはやはりドイツ便は今でも1枠は欲しかったですね……
ANAは1日ドイツ便だけで3便もあり、LHも来るのでJALのNRTーFRAは打撃を受けることは間違いないです……

機材で見れば自分の予想ですが、JALもロンドンとパリは確実に777-3007ERのW83かW84を持ってくると思います。
タイとシンガポールは787と767ですかね。中国は日中関係もあって搭乗率悪いんで737が飛びそうな気がしますね……
問題は時間をどれくらいに設定してくるか。JALは1月にもスケジュールを発表するようなので、それが楽しみです。

この歪められた環境でJALがどれだけ頑張れるか期待したいところです。
2013/12/20(Fri) 13:24 | URL | EDIFICE | 【編集
EDIFICEさん、コメントありがとうございます♪

はい、続々とスケジュール発表が続いていますね~。
編集しながら、ホント、ANAがJALを強く意識してのスケジュールと感じました。

そうなんですよ、やはり羽田の方が便利という方は多いですからね~。
タヌキ猫なんかは、幸い、成田も羽田もどっこいどっこいなんですけどね~。

いや~ホント、ドイツ路線は一つ欲しかったですよ~、
未だに思いますもの・・・。

JALもB777-300ERを羽田に投入と見ましたか!!
となると、成田は一気に空洞化が起きますね・・・。

JALが夏スケをどう出してくるのか、大変気になりますね~。
おそらくは、今回のANAの出方を勘案しての発表でしょうから、楽しみに待ちたいと思います♪

にしても、やっぱり歪められ過ぎているな・・・。
ホント、国自ら、足を引っ張ってなんとする・・・。と感じてしまうタヌキ猫でした。
2013/12/20(Fri) 16:21 | URL | タヌキ猫 | 【編集
ANAは元々ヨーロッパ線はこの時間帯に飛ばしていたので、JALの事が無くても大体同じ結果だったのではないでしょうか?
羽田空港が再度拡張され、格差が無くなると良いですね。
2013/12/20(Fri) 16:58 | URL | ANAユーザー | 【編集
ANAユーザー さん、コメントありがとうございます♪
元々、この時間帯で飛ばされていましたか~どうしても、だいたい方面別で似たような時間帯にはなってしまうかと思いますが、今回の傾斜配分のこともあり、かなり意識してのスケジュール設定かとタヌキ猫は見ました。

そうですね~、今度は、東京オリンピックに向けての、再拡張ありやなきやといったところに焦点が移ってくるかと思います。

未だに、米国路線がウンともスンとも言わないのが・・・ですけどね~。

ANAさんも、本社機能を縮小化して、その分、現場スタッフに充てるなど、経営努力が続いていますね。
今回の配分にて、ANAさん、大いに躍進なさることでしょうから、JALも割り当てられた分を最大限活かしてもらいたいと願うタヌキ猫でした。
2013/12/20(Fri) 17:26 | URL | タヌキ猫 | 【編集
自分は神奈川なので、成田まで行くのが毎回時間かかるんですよね。
ただそれがまた良いと言うのもありますが……

2路線は777-300ERはもう確定で良いと思います。
成田は機材を小型化する可能性がかなりありますね。


元々成田便を羽田に移行してくるとだいたいどの会社も同じ時間になってしまうんですかね??
ただひとつ、JALもANAも成田縛りをどういう形で対応するのかが気になるところです。
ANAは運休とかで書いてあります。小型化とか減便ならまだわかりますが、運休だと成田縛りの意味がないですね。
まあ自分の考えでは成田縛りと言うものがある限りは日本の航空行政はダメですね。

羽田の拡張はもう実質的に無理だと思います。
もう拡張できる土地がないですし……
国がオリンピック間に合う、間に合わないとかを考えずにかなり本気を出して今の国際線ターミナルを潰して、C滑走路沖合いに80ゲートぐらいあるターミナルと第5滑走路を作り滑走路を全て延長しない限りは、いつまでもアジアのハブ空港である仁川には敵いませんね。
仮に出来たとしてもまた国とANAの癒着によって傾斜配分と言う歪められた環境を作ると思いますが……
2013/12/20(Fri) 21:17 | URL | EDIFICE | 【編集
他の方がかかれていますが成田縛りという、羽田に就航しても成田からのその国への路線は残さなければいけない、ただしコードシェアはよいというルールがあり、成田線のコードシェアができないパリ線はANA維持しましたが、かなり採算厳しくなると予想されます。(維持したいわけではないと。)
JALはというと、コードシェアでパリロンドンはカバーできますので安心して成田は撤退して羽田にSS7を持ってこれるわけです。フランクフルトは……言いません。(笑)
しかし、羽田発の4便のスターアライアンスドイツ行きに成田からの1便で対抗しろとは国交省は何を考えてるんでしょうね。
ひそかにエアベルリンがドイツ側の枠を獲得しないかと思ってたのですが…
2013/12/20(Fri) 23:31 | URL | JALファン | 【編集
たぬき猫さん、こんばんは。
毎回長文で申し訳ありません。

私もANAの今回の羽田路線は、綿密に練られた用意周到なプランだと思いました。羽田発のヨーロッパ路線は成田と同じ時間帯を踏襲したとも見えますが、JALの成田-フランクフルト線は深刻な影響を受けるでしょうね。SS7の導入、年間を通じてのダブルFOPという対抗策からはJALの危機感の程が伺えます。

日航ホテルがあり、JALバスも運行しているデュッセルドルフへのANA直行便の就航も、大きなインパクトを与えると思います。デュッセルドルフはエアベルリンのメインハブであり、乗り継ぎ需要の取り込みを含め、本来はJALが就航した方が乗客へのメリットは高いはずので、噂のベルリン線を含め、JALの就航を期待したいです。

マニラ、ジャカルタはご指摘の通りJALの成田発と同時刻帯の就航となり、相当数がANAに移行すると思います。ANAは成田路線でも夕方の北米乗り継ぎに便利な時間帯にマニラ線があり、ジャカルタ線も新規就航しますので、日本人需要(羽田便)、北米-アジア間乗り継ぎ(成田便)と死角が無い戦略と見えます。特にインドネシア路線はガルーダの提携が発表され、インドネシア人乗客の取り込みが期待されるため、JALはドイツ線に匹敵する壊滅的な打撃を受けるかもしれません。PALと提携交渉が進んでいるマニラ線も同様です。

ハノイ、バンクーバーも日本人需要はANAに移行すると思います。ただし成田の夕方発の便は就航していないので、北米-アジア間の乗り継ぎ需要は見込めるため、SS6機材の就航効果もあり、何とか踏みとどまれるのではないかと考えています。

ANAとガルーダの提携が発表されましたが、東京(羽田・成田)-ジャカルタ線だけで4本の選択肢があるのは、特にビジネス渡航者への利便性が高いものと思います。レジャー需要の観点でも、日本人に人気の高いバリ(デンパサール)へ直行便を就航しているガルーダ便の搭乗でANAユーザがマイルを獲得でき、バリへの特典券を取れるようになれば、以前JALがDPS直行便を就航していた時からのJALユーザが大挙してANAに移行する可能性もあります。

ANAは自社の資源を高単価なビジネス需要が太い羽田発着線に集中投下させつつ、単価の低いレジャー需要についてはUA(グアム)、ハワイアン(ホノルル)、ガルーダ(バリ)等の外国エアラインとの提携、バニラ・エアやピーチで取り込むなど、万全の態勢を敷いています。発着枠確保のためのロビー活動にも長け、消費税増税と近い時期の国内線運賃値上げなど、したたかな側面もあります。

昨日のANAのプレスで個人的にショックだったのは、ガルーダとの提携でした。当然JALが先手を打って交渉を進め提携を発表するものと考えていましたが、ANAは発着枠配分の交渉結果の発表前後から、交渉を進めていたのかもしれません。ガルーダにとっても、羽田便のコードシェアによりビジネス顧客へ利便性をアピールできる、ANAとの提携がメリットが大きいのは客観的に明らかです。現在JALと提携しているベトナム航空も、ANAとの提携に移行するのも時間の問題かもしれません・・。

厳しい状況であることは確かですが、海外での知名度の高さ、マイレージ会員数の多さ、羽田国内線の充実度、独創的な機内食や座席改善などサービスの充実、おもてなしの接客(個人的にはここが一番ポイントですが)など、JALが誇れる面は多々あります。

近距離アジア路線はともかく、荷物が多くなる中長距離線では、乗換が多くラッシュ時間帯に当たる羽田午前便は必ずしも使い勝手が良いとは言えないかもしれません。朝の時間帯に大きな荷物を抱えても、電車一本で座ってゆったり空港に向かうことができ、充実したラウンジでくつろげる成田線を好むビジネス顧客も、特に中長距離線では少なからず、おられるのではないかと思います。

個人的には、特に長時間登場する国際線の全機材でのWiFi整備&無料化をすぐにでも進めてほしいです。トルコ航空の成田-イスタンブール線に乗った時、エコノミーでも無料でWiFiが使えたのにはビックリしました。飛行機に乗っている時くらい、ネットから解放されたいという考えは理解できますが、特にビジネス渡航者へのWiFiの訴求力は強いと思いますし、旅行者にもアピールするでしょう。わかりやすい差異化のポイントになると思います。競合他社も追随するでしょうが、羽田発路線に対抗するためにも、JALには顧客へのメリットが大きく、インパクトがあるサービスを常に提供してくれることを期待したいと思います。
2013/12/20(Fri) 23:34 | URL | Aki | 【編集
EDIFICEさん、コメントありがとうございます♪

成田縛り・・・。確かにどのように対応していくのか、JALもこのままANAの思う通りになっては困りますからね。

スケジュールについては、乗り継ぎを含めの勘案ということで・・・と言っても、ぶつけてきていると感じざるを得ませんが・・・。

これ以上の羽田の拡張は厳しいでしょうね~。
現状でも、オリンピックに向けて、どう道筋をつけるのか不透明ですし。

近いうちに発表されるであろうJALのフライトスケジュールにEDIFICEさんがおっしゃったことも含めて、どう変わるのか、大いに注目したいと思います♪

タヌキ猫でした。
2013/12/22(Sun) 21:31 | URL | タヌキ猫 | 【編集
JALファン さん、コメントありがとうございます♪

成田縛り・・・ある意味でこれが無くなると、雪崩をうって羽田に先祖帰りになるんでしょうけどね~。
ANAパリ線・・・確かにコードシェアは・・・ちょっと、コメントを見て、ホッとしてしまいました。

それにしても、やはりドイツ路線は悔やまれるばかりです。
確かにエアベルリンありだと思いましたよね~。

また、後日、ルフトハンザのスケジュールについても書きたいと思いますが、ホントにドイツ路線は、ANA・LHの強固なまでのタッグに、苦戦するだろうな・・・と思っています。

となると、今度のJAL発表でSS7が羽田発着ということもあり♪ですかね。
少しでも、明るいネタを頂きたいですね。


もちろん、タヌキ猫は、ドイツへは・・・
JAL・日本航空の翼でまいりますよ♪

タヌキ猫でした。
2013/12/22(Sun) 21:42 | URL | タヌキ猫 | 【編集
Akiさん、コメントありがとうございます♪
長文、JALへの思いが伝わってきて、同じJALファンとして、共有できることは嬉しいことと思っています♪

フランクフルト線への打撃は、やはり大きいと思います。
タヌキ猫の元にもダブルFOPの案内来ていましたね~。

この路線は、B777-300ERの中でも、SS7投入が遅い方ですからね~。
きっと、羽田発着枠に絡んで、他にドイツ路線就航をにらんでの投入待ちだと思っています。

ジャカルタ線においても、現状のB777-300ERが維持されるのは、厳しいものと思います。
何につけても、ドイツ路線を獲得できなかったのが、悔やまれてなりません。

ガルーダがANAとコードシェアにも驚かされました。
まさに、おっしゃっている通り、大変、したたかに計算された戦術を繰り広げています。

今後、JALが今回のANAの発表を含めたスケジュール発表をするでしょうから、JAL派のタヌキ猫としましては、今後の経営を占う上でも、大変注目をしております。


ラウンジは、確かに、成田が充実していますし、同じワンワールドアライアンス系が、アメリカン・キャセイ・カンタスとあり、JALも複数のラウンジを構えています。

そこを行くと、羽田は、現状JALのみ・・・。キャセイが整備を開始しましたが、そういうステータス感を味わうとなると、まだまだ成田にも魅力はありますね。

JALも、もっと情報発信をして、飛躍してもらいたいと願うタヌキ猫でした。
2013/12/22(Sun) 21:51 | URL | タヌキ猫 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。