上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タヌキ猫です。みなさんご存知の通り、10/2に、羽田空港発着枠拡大に伴う、発着枠の割り振りが発表されました。

 タヌキ猫のブログでも、争奪戦の行方について書いたことがありましたが・・・。

 今回総枠40枠のうち31枠が決定しました。
 エッ?残りの9枠はどうしたの?と思われる方も多いかと思いますが、米国線が、全く硬直したままで、動きがありませんでした・・・(汗)

 10/10がIATAに2014年夏ダイヤの路線申請期限と定められていますので、土壇場での動きあるかもしれませんが・・・。


 今回は、定まった31枠について書きたいと思います。

 タヌキ猫と相互リンクしてくださっているサイトさんや、多くのエアラインファンの皆さんの間で話題になっていますよね~。

 かくゆうタヌキ猫の周りでも、タヌキ猫がJAL派ということを知ったうえで・・・。
 11対5だったねぇ~と言う人が何人もいました。

 そう11対5・・・。

 31枠のうち、国内航空会社に割り振られた発着枠は16枠でした。

 その配分は、JALに5枠・ANAに11枠ということで、明らかなる傾斜配分となりました。

 
 10/2の発着枠発表以来、1週間の時を経て、タヌキ猫の感想を述べさせて頂くならば・・・。

 冗談じゃねぇよ!!!(ブッチブッチ(怒))

 この一言に尽きます・・・。

 発表直前で、このネタをブログにしたならば、この程度の言葉では済みませんでした・・・。
 これでも、随分と落ち着いた中でブログを書いています。

 聞いた直後は、食器の1枚2枚・・・。いや3枚4枚(皿屋敷じゃないんだから・・・(汗))割ってくれようか・・・。

 いや、叩きつけても飽き足らぬ・・・。という思いでまいりましたが、1週間経ても、その思いは一向に変わることはありません。


 おかげさまで、多くのエアラインファンの皆様にお越し頂いておりますが、タヌキ猫、ずーーーっとJAL派でございますから、今回の発表には、到底納得できるわけもございません!



 かなり言葉を選んでのブログ作成ではございますが、一部の方には、ご不快な面もあろうかと思いますので、先にタヌキ猫の意見について、お詫び致しますが、撤回するつもりはありませんので、ご了承ください。



 それでは、波乱の展開となった2014年春より、羽田空港国際線発着枠拡大の発着割り振りについて、米国線を除いた内容を、書きたいと思います。


   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪
 
 

 国土交通省との記者レクの詳細を見た上でのタヌキ猫の感想を交えて書かせていただきます。

 国土交通省は、今回の配分について「健全な競争環境」を中心に考えた配分ということで、JALへの公的支援によって、歪められた競争環境を是正する観点から、ANAへの傾斜配分となったとの説明です。

 公的支援で歪められた???その公的支援を決めたのは、時の日本政府ではなかったのでしょうか?
 法律に基づいた公的支援だったとタヌキ猫は認識しております。

 時の政権は、民主党であったとしても、この法律を作ったのはどちらの政権だったでしょうか?
 よもや、お忘れではありませんでしょうね・・・。

 何度となく、対応策を打つも、大した効果も見せることもなく、政権が変わっての大ナタによる公的支援は、JALのみならず、多くの国民・株主にも多大な迷惑を被ったのは、紛れもない事実です。

 現に、タヌキ猫の周りでも、そういった方を目にしましたから・・・。

 かといって、公的支援があの時、行われなかったら、JALは消え去り、ANAの一人勝ちだったかもしれません。
 それこそ、競争原理の働かない世界となり、航空業界を歪める以外の何物でもないとタヌキ猫は、今でも思っています。

 一部国会議員の圧力により、不採算・採算度外視の路線を押し付けられた挙句、破たんに追い込む一因を押し付けられ、破たんしたら、はいそれまでよ・・・といった道具にされ、今回、また今度は、ANAにその矛先を向けている日本の航空行政そのものに、何か打開策はないのか、海外の航空行政を参考に、改めていただきたいところですが・・・。

 今回の発着枠については、随分と国会議員さんのご助力があったそうで・・・。よほど、民主党政権によるJAL再建が面白くないんでしょうね・・・。

 具体的なお名前は差し控えますが、時の国土交通大臣の功績になるのが、嫌なんでしょうね~。

 いつまで、こういうことを続けるおつもりなのか・・・。

 ANAさんも随分とロビー活動にご熱心ですからね~。JALも昔はそうだったかもしれませんが、決め方自体が、時代に合わなくなってきているのかもしれませんね・・・。


 ANAの社長さんが仕切りにおっしゃる「公的支援で歪められた・・・」というフレーズですが、いかにも解せません。

 先の国内線発着枠拡大に伴う発着枠の割り振りは、ANA8:JAL3というANAに有利な傾斜配分でした。
 しかし、ココだけを見てもANA優遇にも関わらず、この時の発着枠総枠は25枠でした。

 他に、スカイマーク4枠・スカイネットアジア(現ソラシドエア)3枠・エアドゥ2枠・スターフライヤー5枠ということで、ANAとのコードシェア関係をもつスカイネット・エアドゥ・スターフライヤーを合わせると、

 ANA(コードシェア含む)18枠:JAL3枠:スカイマーク4枠

 という、傾斜という言葉以上の傾斜配分となっているのです。
 それでも、JALは公的支援の批判を甘んじて受け、国内線発着枠の将来拡大まで耐えようとしたのです。


 が、今回はただ単にJAL対ANAといった国内での狭義の世界ではなく、世界の航空会社アライアンスを交えての戦いであります。

 にも関わらず、ANAへの過大な傾斜配分は到底納得のいくものではありません。

 ANAのいう歪められた競争環境の一つに、法人税の免除等が挙げられるかと思いますが、これは、あくまで期限の限られたものであります。

 発着枠は、ほぼ恒久的に割り振られますので、長いスパンで見たときに、どちらが競争環境を歪めているかは、誰の目にも確かかと思います。

 
 それを踏まえたうえで、前置きが長くなりましたが、今回の2014年夏スケジュールより発着枠が拡大される羽田空港国際線の発着枠割り振りを書きたいと思います。


 
      (外国航空会社枠)  (国内航空会社枠)
 
 イギリス   2枠(BA1・VS1)       2枠(JL1・NH1)        
 フランス   2枠(AF2)          2枠(JL1・NH1)
 中国     2枠(?2)          2枠(JL1・NH1)
 シンガポール 2枠(SQ2)          2枠(JL1・NH1)
 タイ     1枠(TG1)          2枠(JL1・NH1)
 ドイツ    2枠(LH2)          2枠(NH2)  
 ベトナム   1枠(VN1)          1枠(NH1)
 インドネシア 1枠(GA1)          1枠(NH1)
 フィリピン  1枠(PR1)           1枠(NH1)
 カナダ    1枠(AC1)          1枠(NH1)


 今回の配分により、アライアンス別シェアは、JALを含むワンワールド約30%に対し、ANAを含むスターアライアンスは約50%ものシェアをもつことになります。

 特に、ドイツ・カナダにおいてはスターアライアンスにて独占する形となっており、およそ健全な競争環境を築けたとは言えない状況になっています。

 国土交通省としては、JALはフランスで拠点をもち、ANAはドイツで拠点を持っているため、今回の配分となったとの説明ですが、ANAがフランスでの路線を確保しているのに対して、JALはドイツ2枠あるにも関わらず、1枠も得ていません。

 しかも、ドイツ線は、既存のANAフランクフルト線を含め、スターアライアンス独占により、どう見れば、健全な競争環境になっているのか、ひっくり返しても理解することができません。

 カナダにおいても、同じアライアンスですからね~。

 国土交通省からすれば、アライアンスは移籍もあるから・・・との見解のようですが、ANAに傾斜配分といっても、これはやりすぎだとタヌキ猫は感じます。

 
 今回の羽田発着枠の割り振りは、ANAへの傾斜配分により、JALの中期計画を大きく変更せざるを得なくなり、再建への道を、国自らが瓦解させかねない事案となるかもしれません。

 
 JALでも是正を訴える陳情をしているようですが、一度発表したことを覆すことはそうそう、ないかと思います。

 しかし、いつまでも「公的支援で歪められた競争環境」という錦の御旗で攻めてくるのであれば、何かしらの対抗措置を講じる必要が迫られるかもしれませんね。



 今回は、羽田発着枠拡大について、タヌキ猫の意見を述べさせて頂きました。ご覧のみなさん、それぞれに思うところは多いかと思います。


 今後は、フライトスケジュール等の具体的な話に移っていくものと思いますが、今回書かなかった米国線も含め、どうなっていくのか、期待よりも心配の大きいタヌキ猫でした。


   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪
 
 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:飛行機/フライト/機内食
ジャンル:旅行
コメント
はじめまして(⌒‐⌒)
私もJAL派でございますが羽田国際線の配分に関しての疑問やたぬき猫さんの仰る公的資金の疑問など多くあります。

JALが破綻した理由は、もちろん政治家に不採算空港に不採算路線を投入させられたことも一つの理由でもありますがANAも不採算路線を少なからず抱えていた(いる)現状もあるわけで、公共交通機関としては当然の事であります。

しかし、LCCが参入しドル箱路線のみを低価格で飛行する公共性のない会社が現れ、ここから航空市場が歪められました。
それは、自民党時代の航空運賃自由化の規制緩和です。

もう一つの理由は、JALが国営から民営化への脱却が出来ませんでした。
運行乗務員のタクシー送迎や他会社より優遇された賃金、福利厚生。

しっかりと労使間で現状に見合う、合理化がされなかった。
その裏には親方日の丸体質が残っていたのだと思います。
よく労働組合に批判の目が晒されますが、これも違います。
安全は経営者では絶対に守れませんから、飛行する乗員にしか出来ません。
空の安全と送迎タクシーの関係?とか謎な部分を是正できない←ここが問題でした。

その二つが負のスパイラルとして破綻し、公的資金投入となってしまいました。
JALが倒産廃業すればANAの独占にはなりますが国際線含めて飛行している区間がJALと異なり、外資系の参入も容易な事から完全な独占にはなりません。
やはり公共交通機関としての公的資金投入は仕方ないと思います。

羽田線の配分については採算路線はプラス評価、不採算路線はマイナス評価をして航空会社に点数をつけて配分する方法が良いと思います。

破綻以降に私はJALのメインユーザーになりました。以前は鼻高々なイメージがありましたが、最近は皆で頑張ってJALを立ち直そうという気持ちが伝わってきます。
遅いのかもしれませんが、まずは公的資金を国家に返納しスタート地点に立って欲しいですね!

本数が他社より少なくてJALを選ぶ人は多くいるはずです!


2013/10/09(Wed) 13:25 | URL | HOT | 【編集
もうJCABは考えを変えないと言ってますね。
この国はすべてやることがやはり中途半端ですね………説明も意味不明です。国の国益を考えれば自ずと正確な配分があったはずです。
これから確実に国からの天下りがありそうです。

これでJALは中期計画を大幅修正が余儀なくされたので、もしかしたら767の客室改修の機数が増えたり、777ー200ERのW51W52W53もSS7の2クラス制の客室改修がされると自分的には嬉しいです。

高い安全性を維持しながら、客室改修やラウンジや空港設備のハード面の強化やソフト面のサービス向上して利用者が「やっぱJALだよね!!!」って言ってもらえるようになることが大切ですね。
この配分で会社がピンチをチャンスに変えて良い方向に進んでくれることを願いたいです。
2013/10/09(Wed) 17:27 | URL | EDIFICE | 【編集
タヌキ猫さん、こんばんは!

本当におっしゃる通りですよ!
僕もこの配分にはかなり怒っています。
ブログでは冷静を装いましたが、航空局の考えがまったく理解できません。
今回の配分がどこが是正にあたるんでしょうか?
ANAにしか配分されたなかった羽田便の利益しか考えていないみたいですが、JALの成田便の影響などを全く考慮していないので、いい加減な判断です。
しっかり明確にどう是正できるのか、正しく示すべきです。
ざっくり計算でなんて話は、信じられません。
会社の運航計画や利益にも関わる話ですからね。

JALには航空局にしっかり要望と是正してもらうよう働きかけないといけませんね。
2013/10/09(Wed) 20:25 | URL | ぬーんman | 【編集
HOTさん、初めまして♪
コメントありがとうございます。

はい、破たんの理由は、いくつも重なってのことですが、LCCも然りかと思います。
(飼いならしているつもりが、噛みつかれたところもありますが・・・)

意識の問題は、当然言える部分もあろうかと思います。

タヌキ猫は、おかげさまで、アフィリエイトでJALさんとお会いする機会を頂ける時があります。体験会などを通じて、JALの表では決して見ることのできない経営努力をされている場面を色々なところで感じることができました。

それも含めて、タヌキ猫はずっとJAL派ですので、今回の発表は甚だ、遺憾としかいいようもなく・・・。

そうですね~配分方法も、もっと透明性をもったものにしていかなければ、国内勢のみならず、外国勢からも厳しい視線を送られてしまいますからね・・・。

どうぞ、これからもこんなサイトではありますが、また遊びに来てくださいね♪
タヌキ猫でした。




2013/10/09(Wed) 20:45 | URL | タヌキ猫 | 【編集
EDIFICEさん、コメントありがとうございます♪

そうですね~、一度発表したものを早々、国が変更することもないでしょうからね・・・。
ただ、やはり、国交省と記者とのレクを拝見すると、アライアンスの位置づけがやはり認識に大きな開きがあると感じました。

どう考えても、ドイツ路線は、ツッコミどころ満載ですからね・・・。

今回の決定にて、中期計画を大幅に見直さざるを得なくなりましたが、そうですね!これからもハード面・ソフト面を磨いて「やっぱりJAL!」と言われるようにしなければですよね♪

ピンチをチャンスに・・・。
タヌキ猫も、こういうことをブログで書けなきゃダメだね~なんて感じてしまいました(笑)

今後、どのような展開があるのか、引き続き注目していきたいと思います。

タヌキ猫でした。


2013/10/09(Wed) 20:59 | URL | タヌキ猫 | 【編集
ぬーんman さん、コメントありがとうございます♪
タヌキ猫も、ホントは、発表後すぐにでも、ブログを書きたかったのですが、浮かぶ言葉は、とてもとても、ブログにアップできるような内容ではありませんで・・・。

ようやっと1週間を経て、書くことができました。
かなり抑制を効かせているのですが・・・(汗)

そうですね・・・ぬーんman さんのブログの方では、極めて冷静に書かれていましたので、タヌキ猫の大人気のなさが目立ってしまいますが・・・撤回はできないな・・・(笑)

今後、どのような展開が待っているのか・・・。と言っても10/10がある意味、一つのラインですからね・・・。

ただ、いつまでも、あちらがああいう態度で来るならば、こちらも断固たる対応をしなくてはならない時期にきているのかもしれませんね。

タヌキ猫でした。
2013/10/09(Wed) 21:19 | URL | タヌキ猫 | 【編集
この件、タヌキ猫さんがどういうコメントを出すか、ひそかに楽しみにしていました(笑)
まったく大人げなくないと思いますよ。
大人げないのはお役人様の方です。

お役人様や、自己の利益しか考えていない他社に対してただただ腹立だしく、言葉が出ないです。
しばらく他社便は使う気になれないですね。

言いたいことは山ほどありますが、皆さんも結構書かれているので・・・(もうすでにいろいろと怒りのコメント書いてますが、、、すみません。僕も大人げないですね)
今日改めてJALの要求には応じにというコメントを国交相が出していますので、仮に行政訴訟に踏み切ったとしても植木社長はじめJALを全力で応援したいと思います。

PONDでした。
2013/10/10(Thu) 01:23 | URL | POND | 【編集
タヌキ猫さん、はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝見させて頂いています。

私も今回のことで1週間たってもムカムカが治まらず、いろいろ考えたりし続けています。長文となりますことをお許しください。

今回の発着枠の件を知ったのは発表前日の深夜でしたが、配分枠の数字を見てしばらく怒りで体がワナナワと震え(?)、なかなか寝付けない程ショックでした。

住む地域によって空港の利便性は異なりますが首都圏、特に東京都・神奈川県付近の利用者にとっては、成田と羽田であれば羽田を選ぶ方が大半だと思います。私は埼玉で鉄道を利用した際にアクセス時間は変わらないものの、本数の多さや鉄道料金の安さなどで、羽田の利便性が高いです。鉄道料金を加味しても相当安ければ、成田も選択肢に入る感じです。

※首都圏在住者の多くは、札幌や福岡へ出張や旅行等で行く際に、成田発が安くても、「遠い」というイメージもあり、選択肢があれば羽田発を選ぶケースが多いのではないかと思います。

以前ダイヤモンドの記事でJALの路線別収支を見た際、JALの例だと羽田~金浦線は大幅黒字のドル箱路線、成田~仁川線は大赤字(観光客主体)となっていました。おそらくANAも同様かと思います。羽田発の便が充実した結果、ANAは成田発の仁川行を廃止し、台北の桃園空港行の便も減便しました。(相手国側の空港の利便性も考慮する必要はあるかもしれません)

ANA/JALは収益性の高いビジネス需要の取り込みを重視しており、地方からの乗り継ぎも良く、空港へのアクセスもしやすい羽田発路線をビジネス顧客が選ぶのは必然の結果と思われます。ビジネスクラスやエコノミーでも高価格帯のチケットはANAの羽田便から埋まり、成田便は観光客主体とならざるを得ず、収益性が悪化した暁には、ANAの仁川、台北桃園路線のように機材の小型化、路線の廃止(減便)という結果が、JALが羽田発便を確保できなかった就航先路線に起こるのではないかという懸念がぬぐえません。その後に訪れるのはANAの羽田路線の運賃値上げ、国内会社との競争が無くなることによるサービスの低下ではないかと思っています。

ビジネス顧客に成田線を選んで頂くためにはチケット代の値引きが必要となり、収支の悪化も予想されます。そうすると機材更新の費用も捻出できなくなり、JALは観光客主体でも利益が出せるようなビジネスモデルへの転換が求められることになるような気がします。

私自身、仕事で出張することはほとんどなく旅行が主のユーザなのでJALの収益に貢献しているかは疑問ですが、今回の件で少なからぬ法人需要がANAに流れ、成田路線の収支の悪化がJALの経営およびユーザの利便性(路線の選択肢、サービス等)に影響を与えるのではないかと危惧しています。

・・というようなことを発表後、毎日考えていました。今のJALは堅実経営でむやみな規模の拡大を行わない方針とされているので、ドル箱の国内線羽田便や欧米の長距離路線を維持できれば、今すぐ経営がどうなるということはないと思います。

でも経営破たん後に支援を受けながら、自助努力を経て必死になって再建を果たした頃からJALを応援していますので、いつになったら「ANA-自民党」という呪縛から逃れることができるのかが気がかりです。これからもJALの翼で国内外のいろんな国や都市に行けるよう、JALが今回の難局を何とか打開してくれることを願っています。(^-^)
2013/10/10(Thu) 03:06 | URL | Aki | 【編集
だいぶオブラートに包んでいらっしゃいますね・・・ 私でもかなり驚いたのですから,タヌキ猫さんのお怒りはいかほどかと思います.

公的支援が今のJALにどう影響しているのか気になって,今年第1四半期のJALとANAの決算を比較してみました.ブログにも書きましたが,最近の好調はJAL自身による合理化の効果としか思えず,ANAの主張にどんな根拠があるのかわかりませんでした.

ドイツの配分に関しては驚きを通り越して恐ろしいぐらいですね.NHとLHはアライアンスどころかジョイントベンチャーを組んでいるので,日本~ドイツ路線に関しては同じ会社と言ってもよい関係です.西端にあるロンドンと比べて西欧への乗継の便もいいですから,ヨーロッパ方面の運賃が上がるのは間違いないでしょうね・・・
2013/10/10(Thu) 09:03 | URL | tak-airtravel | 【編集
PONDさん、コメントありがとうございます♪

はい、タヌキ猫もどういう言葉で書けばいいか、ちょっと慎重に書いてみました(笑)
人それぞれ、思うところは異なるかと思いますが、やっぱり今回の配分は納得できないですよね・・・。

やはり、国は応じないという方針のようですね・・・。

ん~今回の配分は、これからずっと継続することなので、もうちょっと国も考えてほしかったのですがね・・・。

タヌキ猫でした。

2013/10/11(Fri) 12:24 | URL | タヌキ猫 | 【編集
Akiさん、初めまして♪
いつも、当ブログをご覧とのこと、ありがとうございます♪

タヌキ猫も、発表を当日で知ってはおりましたが、聞いた直後でブログを書くと、間違いなく炎上しそうな言葉しか出てこなかったので、ちょっと落ち着くまで書き留めておきました・・・。


はい、タヌキ猫も、羽田でも成田でもそんなには、アクセス時間が変わらないのですが、やはり料金・時間の融通でみると、羽田の方が圧倒的に便利ですからね~。

既に、羽田・成田で棲み分けが始まっていましたか・・・。
今回の配分にて、どのように是正がされたのか?はたまた、どのような歪みが生じてくるのか、国はよくよく、見定めるべきですね。

タヌキ猫も、そんなに頻繁に飛行機に乗る方ではありませんが(と書きつつ、こういうブログをやっているので、他のみなさんに影響されて、乗る機会増えてます(笑))
やっぱりこれからもJAL乗りでありたいと思います!!

また、動きがあれば、タヌキ猫のブログでもご紹介できればなと思います。
あんまり沸々していれば、ちょっと経ってからのアップですけどね(笑)

こんなブログではありますが、どうぞまた遊びに来てくださいね♪
タヌキ猫でした。



2013/10/11(Fri) 12:32 | URL | タヌキ猫 | 【編集
tak-airtravel さん、コメントありがとうございます♪

はい、かなりオブラートに包んで書かせてもらいました。
そうでないと、ブログ崩壊しちゃいますから(笑)

これが、まだ公的支援期間中だけの話ならいざ知らず、ずっと継続していく発着枠ですから、全くもって理解することができません。

はい、やはりドイツ線が今回の最たる例だと思っています。
NH・LHは大変強固な関係にあり、まさしく、ジョイントベンチャーを組む関係ですから、これをどう国交省が説明をつけるつもりなのでしょうか。


今後の動きをタヌキ目をキツネ目にして注目したいと思います。

タヌキ猫でした。
2013/10/11(Fri) 12:37 | URL | タヌキ猫 | 【編集
タヌキ猫さん、初めまして。

私も今回の傾斜配分に怒りを感じた一人です。国交省関係者はもちろん、A社社長に対してもです。

私も今、JAL側の主張として色々な投稿場所で頑張っています!

決定した配分は変えられないとおっしゃってますが、いやいや私は諦めてはいません!JALの社長は頑張っておられます。
「異例の発着枠見直し」発表があるまで諦めませんよ。闘います!!
2013/10/12(Sat) 22:11 | URL | 花ちゃん | 【編集
花ちゃんさん、初めまして♪
コメントありがとうございます。

はい、今回の配分は、傾斜も傾斜配分であり、逆に競争環境を歪めたとしか見ることができないと思います。

なかなか、国を動かすのは大変ですが、今後どのような対応をするのか、またどのような進展があるのか注目したいと思います。

タヌキ猫でした。
2013/10/14(Mon) 08:09 | URL | タヌキ猫 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。