上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タヌキ猫です。このほど、パリ・ルーヴル美術館に展示されている「モナリザ」の照明が、東芝製LED照明になりました♪
 ※以下の写真は、2010年11月パリに訪れた際、撮った写真です。いずれも、まだ東芝製LEDになる前の写真です。

paris2010-2+148_convert_20101126162230.jpg
 今回の改修により、絵画の濃淡を忠実に再現できたり、より自然光に近い形で見られるよう、色温度を調整するシステムも搭載したほか、絵画の褐色を防ぐ紫外線・青色光を最小限に抑えているそうです。

paris2010-2+042_convert_20101125223409.jpg
 東芝は、2010年6月に仏ルーヴル美術館とパートナーシップ契約を締結。これまで、2011年12月にピラミッド、ピラミディオン、およびパビリオン・コルベール、2012年5月にはナポレオン広場を東芝製LED照明に改修し、消費電力を約73%削減するなど環境負荷低減に貢献してきたそうです。今後、2014年春にはクール・カレ(方形の中庭)、および2014年中頃にはナポレオン・ホールの照明についても、東芝製LED照明への改修を予定しているとのことで、日本の技術がここフランスはパリ・ルーヴル美術館で輝いています♪♪♪

 ぜひ、行かれる際は、見て行ってくださいね♪
 ルーヴル美術館はホント広いですからね・・・。疲れますよ・・・。


 タヌキ猫でした。


   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:フランス
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。