上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 わたくしタヌキ猫のサイトでは、海外旅行でかかった費用を参考になるか分かりませんが、公開をしていきたいと思います。ただ、費用のかけ方は人それぞれですので、差異があるのは当然です。少しでも参考の足しにでもなればと思っております。

  オーストラリア ゴールドコーストの旅 2007.10/5~8 
 3泊4日総費用¥102,107円也

 (今回2人で行ったので、一人当たりの値段で計算します) 

 私は海外旅行3回目ということもあり、持ち物に関しては、服は持っている物で済ませ、薬関係では新たに酔い止めを買った程度で済ませました。行きなれた方は本当にお金を掛けずに準備されていると思います。私もぜひ参考にしたいと思います。

 ツアー名 JMBツアー コアラに会える観光付!ゴールドコースト4日間スタンダードホテルウォーターマーク<確約>ホテル・空港往復送迎付

 申込場所 JALPAKインターネットサイトより

 ツアー代金 旅行代金\99,800

 現地空港諸税¥7,200

 燃油サーチャージ¥24,000

 空港施設使用料(国際線)¥2,040

 JAL旅行券 -¥62,000←旅行券は積み立てでマイルはコツコツためました
 貯めたマイル -¥34,165 

 ツアーに関しては今回、旅行会社の準備したものを使わずにネットで探したATSを利用しました。内容はほとんど一緒で料金は20~30ドル近く違うので利用することをお勧めします。

 土ボタルツアー 112A$→¥12,432(円換算¥111)

 世界自然観光遺産 128A$→¥14,208(円換算¥111)

 円レート¥111、JCBカード利用で¥107くらいで請求はきました。レートの動きはありますので、金額は日々動きがあります。ご注意ください。以前、オーストラリアを訪れた際よりも高くなっています。現在、日本から海外に行く時は日本円が弱くなっていますのでちょっと出費が大きいですよね(泣)

 ETAS ¥1,075 ビザ次郎で依頼しました。おそらく大使館を訪れる以外では一番安いのではないでしょうか?

 旅行保険 ¥1,700(一人分費用として)最低限の保障でもいいのでかけていくことを強くお勧めします。カードについている保障が厚ければそのカードを持っていくことでもいいですね。ちなみに私は今回「損保ジャパン OFF」を利用しました。

 旅行へ行く前に買ったもの

 酔い止め ¥598 ゴールドコーストはとにかく移動時間が長いです。まっすぐ空港からゴールドコーストまで行っても2時間近くかかります。車酔いしやすい方はぜひお持ちください。今回はこれだけでしたね。あとは前からの持ち物で十分でした。

 旅行期間中に使った金額

 日本円¥580 移動の際におにぎりとか買っただけでして・・・。

 オーストラリアドル A$115.05 ←¥12,770(円換算¥111)

 JCBカード お土産 A$98.64 ←¥10,949(円換算¥111) ギャラリアや日本人土産店は使えました。

 JCBカード 成田空港駐車場 6,300円(3日以内の利用でしたので、近くにはもっと安く使えるところがありますが、何せ駆け込み的に空港に着いたので今回は空港直結の駐車場を利用しました)

 JCBカード 食事代4,620円

 今回は大した金額を使ってませんね。いつも以上に参考にはならないかもしれない・・。



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア
ジャンル:旅行
gold_016_convert_20080503233542.jpg


3日目に訪れた「世界自然遺産観光」は、これまたATS(リンクはコチラ→オーストラリアンツアースペシャリスト)でインターネット予約しました。

 なんといってもJALPAK等で扱っているツアーと損得なくて、料金が安いことが選んだ理由です。ツアーの内容も良かったです。干ばつの影響でしょうか。滝の水が大変少ないです。一か月前はほとんど水もなかったそうです。本来は黒くなっている部分が水が流れていたところです。

gold_020_convert_20080503233617.jpg


 こちらもこのツアーで撮った写真です。このツアーでは緑深いところまで行きます。ただ難点がありまして、移動時間が大変多いということです

 この最初のスプリング国立公園までゴールドコーストから1時間半以上かかりますし、この後に行くラミントン国立公園までもやはり1時間半近く、帰る時も1時間半近くと移動が続きますので、酔いやすい方は、薬を飲むことをお勧めします。このときは午前中が25人。午後に合流で35人近くになりました。一応大きなバスでトイレはついてるようですが、みんながするとあふれてしまうそうですので・・・。

gold_024_convert_20080503233645.jpg


 この辺まで来ますと標高も高くなってきますので、やはり春先でも羽織るものを持っていくことを強くお勧めします。半袖だけで来た人は寒そうにしてましたので・・・。ご覧ください。これ一つの株からなんです。ガイドさんは写真を撮って後で見ると妖精が映ってますよっていいましたがどうでしょうか?

gold018_convert_20080503233005.jpg


 自然が多いですよね。よく七面鳥みたいな鳥がしたを歩いてるので、行った際には、たぶん出会うことができるでしょう。やっぱり、歩くことも多いかと思います。

gold_028_convert_20080503233714.jpg


 カナングラで昼食で昼食です。大変ボリュームがありました。ここでは、ほんと食事のみですね(笑)時間はたっぷりあったので完食しました。写真は巨大ミートパイです。

gold_029_convert_20080503233740.jpg


 こちらは一緒に行った人が食べたミックスグリルです。こちらも大変食べ応えがあったようです。ここでは、トイレが少ないので、早めに行っておきましょう。次のトイレまでは1時間半近くありますので・・・。途中のどがな風景が見れていいですよ!さすがに移動の多いツアーのせいか寝てしまう方が多かったです。しかし、そんな中でもガイドさんがマイク片手に一生懸命しゃべってました。寝ちゃってすみません・・・。

gold_030_convert_20080503233821.jpg


 食べた所の写真です。バイク野郎が多いですよね。こういうバイクで移動するのもいいかもしれません。ただ、土地柄、ハエは多いです(笑)

gold_032_convert_20080503233843.jpg


 トップツリーウォークです。 この吊橋は結構揺れますよ!!私は結構平気でした。一応支える柱と柱の間は6人と決まってます。緑が多いのですが、実際歩くと下から見ることはないので、そんなに高さを感じませんでした。一応一番高いところは地上から30mのようなのですが・・・。

gold_036_convert_20080503233921.jpg


 野鳥の餌付けです。ガイドさんから餌を貰えますのでそれを貰ってすぐに鳥はよってきます。かなり迫力ありますよ!!私はこわくなり、すぐに下に餌を落としてしまいました。

 結構鳥のつめってすごいですもんね。私はカンガルーの餌付けの方がすきです。ここで観光は最後です。何せ広大な場所を回るツアーですので、移動は長いですが、楽しめることはできます。また、1時間半以上ゆられてゴールドコーストまで戻ります。

gold_040_convert_20080503233949.jpg


 先の世界自然遺産観光は8:00頃から16:30頃のツアーです。そして、私たちは、もう明日の早朝に帰ります

 これが大変、今日お土産を買いそろえなければならないのです。やはり土産はギャラリアを中心とした地域で大体は揃いました。ただ、その付近で大規模なビル開発により、多くの土産物屋がつぶれてしまっています。ちょっともったいないですよね。この地域は21時頃までやっているお土産屋が多いですし、近くのマクドナルドは24時間営業です。

 結局、夕食・朝食はホテル近くのパイ屋さんとスーパーの買い物で済ませました。ケーキーは砂糖っつうほど甘かったです。ミネラルウォーターは巨泉ショップが一番安かったかな?

 治安に関しては、さほど気にすることもありませんでしたが、やはりパブ近くなどはお酒の入った人が多いので注意です。また、一年の内300日は晴れというこの地で雷雨に会いました。過去3回の海外ですべて雨!しかもここが一番強かった(笑)また、車が多いので、よくよく注意です。いよいよ明日、帰国です。

gold048_convert_20080503233153.jpg


4日目 ブリズベン発は8:50。起床は3:35。早い!予想以上に早い!3:35にモーニングコール(これはかかってこなかった、忘れたな!)4:05荷物回収、ポーターが来ます。

 4:50にはチェックアウトを済ませ出発です。いくつかのホテルを寄って行きましたが、だいたいがこの時間で出発だと覚悟してください。ゴールドコーストから空港まで約2時間、出発2時間前には空港に着くことが大原則のようなので、この時間になります。空港内には免税店もありますし、両替もできますので、時間をつぶすには問題ありません。

gold_049_convert_20080503234903.jpg

 
 ちなみに帰国カードは帰りのバスの中で配られました。書けるようだったら書いたほうがいいですね。時間がありますから。

 飛行機は定刻通り8:50発JL-762。機材は747-400。8:30と少し早く成田に16:30ころつきました。帰りは二人並んで取れました。早く空港に行きましたからね。席も空席がありました。

 私たちは2階席だったので座席幅は狭かったです。しかし、トイレは行きやすかったですね。帰りの便はずっと日が出ているので、途中グレートバリアリーフが見れます

 総括するとやはりゴールドコーストは5日は必要ですね。でも楽しかったです。ケアンズとゴールドコーストどちらがいいかというとケアンズのほうですかね

 ケアンズは移動時間も少なく田舎ですので、車が少なくていいと思いました。次オーストラリアで狙うはシドニー!!もっと都会ジャン(笑)人を引き付ける国オーストラリア!!ぜひ、あなたも訪れてはいかがでしょうか?


 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:オーストラリア
ジャンル:旅行
 
 久しぶりに海外に行くことができました♪

 行き先はオーストラリア・ゴールドコーストです。初海外のケアンズより5年余りがたちました。4日間(実質2日)という短い時間でしたが、存分に楽しめました。

 今回は、2泊4日を2日間にわたって載せていきたいと思います。どうぞ、最後まで読んでいってくださいね!


 海外3回目はオーストラリア ゴールドコーストです。今回行って感じたことはケアンズは田舎町だったのに対し、ゴールドコーストは都会だったということです。しかし南半球でしか見られない紫の花(こっちでいう桜)を見たり、ツツジが満開だったりと花がよく目にもつきました。

 写真は残念ながら撮ってません(泣)なんせ、バス移動が長く軽く酔ってまして・・・。残念!!写真も今回こそは成田空港から取ろうと思ったのですが、なんせ混んでまして・・・。いいわけですね。今回もなるべく多くの写真を載せたいと思います。


 10/5(金)今回は二人で行くことになりました。もう一人の仕事が終わった後にすぐに車で移動だったのでもう大変!家から空港まで2時間ちょっとなんですが、やっぱり空港には早く行った方がいいですね。

座席はほぼ満席状態でもう一人とは離れて座ることに・・・

ここで注意!

出発時間の1時間前を切ると搭乗航空会社の判断次第で搭乗を断られることもあるそうです。手荷物検査はそんな前とは変らないような気がしました。液体については指示の通りにしていったので。

飛行機はJL-761。定刻通り出発のはずが・・・。油圧系統のトラブルで1時間の遅延です。周りの人は遅れて怒ってたけど、空に出てからじゃもっと大変でしょうがって思いません?別の飛行機でって言われるより全然マシです(笑)結局30分遅れでブリズベンに着きました。

それにしてもJALは外国人CAが多くなりましたね。まだ日本航空のCAとしては不十分な方が多く感じました。その分、日本人CA(ベテラン)が補ってはいましたが。搭乗時間は8:35遅れた分を入れて9時間以上ですかね・・・。行きの飛行機には個人テレビはありませんでした。

いよいよ緊張の入国審査です。意外にも日本語のお上手な方であまり苦労せずにクリアしました。入国カードは機内で配られるので必ず受取って記入をしておいてください。

空港からはローン・パイン保護区まで約50分です。車酔いされる方は薬などあらかじめ飲んでおくことをお勧めします。

 ここに来るまでの間、普通の民家や花をみることができました。私は少し車酔いしましたが・・・。ここで朝食(昼食?)です。メニューは肉をメインのバイキングです。でも、ここからゴールドコーストまで1時間半近くかかるので食べすぎには注意です。ここクイーンズランド州ではコアラを抱いて写真を撮ることができます。一人20ドルからで撮れます。私はケアンズでも撮りましたが、ケアンズの方が対応は良かったです。ちなみに写真を撮るとカンガルーの餌を一袋くれます(売店でも1ドルで売ってます)

gold・狙013_convert_20080503235029


 かわいいですよね、ここでは餌付けをすることができます。最初は怖かったですが、なれるとすごくかわいいですよ。背中をなぜることができます。頭はやめた方がいいみたいです。かじりはしませんし、餌をちょうだいというしぐさがなんともたまりません。ちょっと前歯が当たることもありますが、口の周りの毛があたる感触がきもちいいです。

gold・狙018_convert_20080503235114


 この日は暑くなりまして、26.7までになったと思います。カンガルーも暑いようでみんな日陰に集まってます。しっぽも前にもってくるんですね。

gold_001_convert_20080503233221.jpg


 なんか、どこかで見たような光景ですね(笑)おっさんみたいです。ときたま足で砂をかけたりする姿はかわいいですよ。

gold_002_convert_20080503233253.jpg


 もう一枚、カンガルーです。こののどかさがいいですね。ただ、ハエがちょっと気になりますね。食事にも結構来ますし、オーストラリアらしいといえばそれまでですが・・・。ここを12時過ぎに出ますので、カンガルーと遊べるのはだいたい1時間といったところでしょうか(トータル)このツアーでは両替もできますが、町中のギャラリアの方がレートも良かったですし、何より、ここの黒人の方の対応が悪かったです。

オージーはおおざっぱとは前のケアンズで感じではいましたが。ここからゴールドコースト中心部まで約1時間半です。酔いやすい方、寝てしまいましょう。私は寝てました。この後、町中のギャラリアでちょっと説明の後、泊まるホテルと向かいます。

gold・狙001_convert_20080503235003


gold_003_convert_20080503233322.jpg


もうちょっと♪ワラビーにコアラです~。






 ホテル ウォーターマーク(現在はウォーターマーク・ホテル・アンド・スパ・ゴールドコースト)です。

 ホテル名が長いと入国カード書くのが大変ですよね。私たちが行った時もこの新しい名前でしたが、普通に旧名で書いてました。まだ、代わって5日しかたっていませんでしたので・・。

gold_045_convert_20080503234202.jpg


 チェックインは私たちのツアーでは自分でチェックインでしたが、車内でもらった紙を渡しただけでOKでした。ちなみにこのホテルではキーはカード式です。写真の扉はもちろん、エレベーターも乗ったらカードをさすところがあるので一度さして抜いたら自分の行きたい階を押す仕組みです。私たちは知らずにあたふたしました。

 一応もらった書類には書いてありますが、普通部屋帰ってから読みますもんね~。裏入口も同様にカードを差し込みます。ご注意ください。

gold_041_convert_20080503234047.jpg


 本当はついてすぐのきれいな写真を撮ればよかったのですが・・・。写真は最終日にとったのでご覧のありさまです。二人で使っても十分の広さでした。

gold_043_convert_20080503234136.jpg


 ホテルのトイレです。オーストラリアは1000年に一度?の大干ばつですが、水は通常に出ます。ちなみに1階の売店には店員が日本人でした。私は今回初めて海外からポストカードを送ってみようと考え、ちょっとわからないことがあった際、ここの方に親切にしていただきました。

 ちなみにはがきは正面玄関わきのデスクに持っていくと一枚1ドル25セント位で預かってくれます。日曜日は郵便局が休みなので大変重宝しました。
 ここでもほとんど英語はしゃべらずにはがきを見せたらあちらの方が理解してくれました。

gold044_convert_20080503233115.jpg


 お風呂はトイレと一緒の部屋です。当り前か(笑)結構、部屋も大きく満足してます。両隣の音もほとんど聞こえませんでしたし・・・。ドライヤーは備え付けがありました。タオルもハンドタオルとバスタオルとありましたので、タオルの心配はいりません。部屋は冷暖房機能がありますし、設定温度も随分と幅がありますので、良かったです。

 ただし、機動させるためにはカードを差し込んだままにします。ある意味ルームキーをなくさずにすむ形ですね(笑)

gold042_convert_20080503233050.jpg


 テレビはありますが、何とNHK有料です。もっとも私たちは忙しかったということもあり(なんつったって現地滞在2日ですから)テレビなんて見ている時間はありません。ですが、以前行ったケアンズ・ロンドンともに泊まったホテルはテレビは無料だったのでちょっとせこいですよね(確か経営にHISがからんでいたような)

 相変わらず汚くてすみません!!最終日の写真でして(笑)部屋の設備・ホテル自体も大変きれいでした。カードキーの使い方だけは要注意ですね。私たちは1階で5分近くあたふたしましたから(大笑)

gold_006_convert_20080503233406.jpg


 やっぱゴールドコーストは海ですよね。ホテルからは5分もかかりません。部屋でサンダルに履き替えて(下はハーパン)裸足で砂浜を歩くのはとても気持ち良かったです。水はちょっと冷たかったです。

 結構、砂浜を歩く人いました。私たちはこのあと夕方に土ボタルツアーがあるのでそれまで街歩きをしました。ほとんど海でしたが、痩せていたら海入ったのにな~ってまさか豪華な三段腹を披露するわけにもいかず・・・

 やはりサーフィンのメッカらしくいい体のサーファーばかり。ちなみに海は濡れることを覚悟して行ってください。結局ズボンをぬらしながら、このあとお土産屋さんに入るはめに・・・。

 でもだいたい、みんなおんなじ感じですからね。今現在、中心地で大きなビルを建てるらしく、結構町中の店が閉まってます。近いうちに大きなビルに代わるそうです。さすがは都市ですな~。

gold_013_convert_20080503233435.jpg


 土ボタルツアーで、なんで食い物の写真なのかって?そうなんです。この土ボタルツアーは写真撮影禁止なのです。もったいない。

 でもこれも自然保護のためなので、しょうがないですよね。んで、この日ツアーで出た舌平目でございます(笑)ツアーは移動に約1時間半をかけていきます。自分たちのときは9人で大きなバンで行きました。トイレは土ボタルの所までないと思ってください。

 また、車は大変揺れます。なんつったって80・100くらいで行きますので、むしろ、その速度以下では走ってはいけないという国土広いお国柄ならではの事情があります。かなりゆれます、私は途中寝ましたが、頭打ちます(笑)酔いやすい方、酔い止めを飲んで参加しましょう!

 私たちが参加したのはインターネットで探したATS(リンクはコチラ→オーストラリアンツアースペシャリスト)です。通常より安い価格で内容も満足できます。

gold_014_convert_20080503233506.jpg


 こちらも食事のときの写真です。ツアーでは、途中車をとめて、空を見上げるとそこには、天の川まではっきり見える星空でした。あたりは、真っ暗で光は星空のみです

 この日は雲もなく大変良かったです。土ボタルも行くのに懐中電気を持っていきます。道は整備されてますので、歩くのには苦労しませんが、ちょっと暗い中では距離があるかなという感じです。しかし、この洞窟を見るとすごいですよ。土ボタルの美しさが!!

 これはぜひ、見に行ってください!!夕方17:30から22:00頃までの時間です(食事付き)こちらの写真はチキンがメインのディナーです。ほんとすごい量ですよね!ちなみに余ったとき用にタッパーみたいのがあるので、それで持ち帰ることもできます。大食いの私でも残すほどですので、きっと皆さんも残すと思います。持ち帰って翌朝の食事にするといいかもしれません。わたしはそうしました。

 次回の更新をおたのしみに♪


 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:オーストラリア
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。