上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2003年11月27日から12月1日までの3泊5日で行ったロンドン旅行記の目次です。もう、ずいぶんと昔の話になってしまっていますが、一応見やすいようにしました。

 ① 1日目 出発~ホテル

 ② 2日目 バッキンガム宮殿周辺散策♪

 ③ 3日目 ロンドン散策&ウィンザー城

 ④ 3・4・5日目 大英博物館・ロンドン塔&帰国

 HowMuch?イギリス・ロンドンの旅


 旅行記の他にも・・・

 海外からハガキを出してみよう!!

 海外旅行みやげの悩みどころ・・・。




 これにて、ロンドン旅行記完結とします。

 ※2010年9月10日 修正・加筆しました。
 ※2013年6月20日 項目をみやすく修正しました。




 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


スポンサーサイト
テーマ:一人旅
ジャンル:旅行
わたくしタヌキ猫のサイトでは、海外旅行でかかった費用を参考になるか分かりませんが、公開をしていきたいと思います。ただ、費用のかけ方は人それぞれですので、差異があるのは当然です。

また、このときは燃油サーチャージはありませんでした・・・。少しでも参考の足しにでもなればと思っております。

イギリス ロンドンの旅 2003.11/27~12/1 3泊5日 
総費用¥189,213円也


 今回は男一人旅ということもあり、前もって準備したものが、ほとんどありませんでした。結構、前のケアンズの時に買いそろえていたので…。服は新しいものは買わず、持っている物で足りましたし、薬は家から使い慣れたものを持って行ったので、全然お金掛っていませんね。

ツアー名 JALパック AVAフリーステイ ロンドン5日間 ホテル指定
      ノボテル・ロンドン・ウエスト(朝食付・ホテル⇔空港送迎付)

申込場所 JALプラザ有楽町支店

ツアー代金¥134,000(内ホテル指定追加代金¥5,000・一人部屋追加代金¥21,000込み 曜日出発追加代金は該当日を外したためかからず)

「ツアー代金のうち貯めたマイルで¥15,000分割引きになりました」

追加オプショナル ウィンザー城観光(午後) 32ポンド 現地払い→この部分は旅行期間中に使った金額として計算しています。

現地空港諸税¥5,900
成田空港施設使用料¥2,040
ビザは不要です。
旅行保険代(今回は掛けず)…今回の旅行では何もありませんでしたが、知っている人で、海外で入院を伴うときにこの旅行保険が大変役に立ったそうです。なるべく保険に入って行かれることをお勧めします。

旅行に行く前にかかった費用

今回は前回のケアンズの時に買った物をそのまま使うことができたので、特に何も買いませんでした。

旅行期間中に使った金額

日本円¥6,670 行き帰りの交通費程度でしょうか
T/C 140ポンド(¥28,000相当)イギリスでは使えるところが限られます。オーストラリアに比べるとクレジットカードの方が使いやすいかと思います。その際は限度額アップをお忘れなく…。
イギリスポンド 119.64ポンド(¥23,928相当
レートは当時のものです。今はきっと高いですね…。ユーロもポンドも高くて行きづらい…。旅行後にデジカメプリント代¥3,675かかりました。



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
 3日目。昨日、場所を迷いながら探した大英博物館。今回は、すんなり見つかりました。昨日は夜遅くまでやっていたということもあり、少しだけのぞいておきましたが、やっぱり、少なくとも2,3時間はほしいですね。範囲が大変大きく、自分の興味を持たないところもありますが、是非見ていってください。

DCF00065_convert_20080327213240.jpg


 館内は大変広いです。また、私が行った当時は館内撮影はOKでした。入場料も無料でした。やはり、エジプトものが多かったです。大変、見ごたえがあり、是非、イギリスに行った際は訪れてみてはどうでしょうか。

DCF00048_convert_20080327213208.jpg


 半日は買い物時間を作るようにしているので、今日はその買い物デーです。このピカディリー周辺には日本の三越が出店しています。店員さんが日本人なので、言葉に困ることもなく、カバン・アクセサリー・紅茶などちょっとお高めなものが多いですが、一通りそろうのでお勧めです。

また、この近くにある、マイバスでは、チケットの販売もしています。私は、ここで、明日行くロンドン塔のチケットを買いました。朝一番で中に入ったので、大変役に立ちました。ロンドン塔のチケット販売所は朝、大変混んでいましたので、ここで買われると良いかもしれません。

また、少し離れた所にはJAL直営のいぎりす屋があります。こちらはもっとリーズナブルなものがありますので、両方寄って買われることがベストです。日本語が通じますからね(笑)

また、JCB会員の人はこの付近にJCBプラザがあります。ちょっと通りから外れた(確か1Fがイッセイ・ミヤケ)ビルに入っています。そこで、現地の情報を得るのも手ですね。私はここで、バッキンガム宮殿の近衛兵交代の時間を聞きました。

DCF00077_convert_20080327001800.jpg


 色々、買い物をしているうちに遅くなってしまい、ケンジントン宮殿に着く頃にはだいぶ時間が…。中の撮影は禁止ですが、ウィンザー城を見た後に来ると、その落差に驚きます。

こちらは、チャールズ皇太子とダイアナ妃のお住まいでしたが、中は装飾のほとんどが、絵で描かれており、本物の彫刻があったウィンザー城から比べれば、軽くショックですね…。しかも入り口では中国人に間違えられたし…(個人にガイドイヤホンの貸し出しをしていた際に)ダイアナ妃の生前の衣装などありますが、やはり、ウィンザー城には劣ります。

DCF00080_convert_20080327001828.jpg


 ケンジントン宮殿を訪れた後にやっぱり、バッキンガム宮殿を見たくなり、ソーホーを寄った後に行きました。さすがにほとんど人がいない・・・。ちょっとやっぱり危ないですね(笑)だって、ピンボケしてますもん。このあと、ホテルに戻って、近くで買った総菜を食べて寝ました。そういえば、今日は昼をどこで食べたんだ?朝食のホテル食がボリュームがあったんで、食べなかったんですね(笑)ボルビィックだけだね…。

DCF00002_convert_20080327001939.jpg


 4日目。今日は、イギリス滞在最終日。お土産は昨日ほとんど買ってあったので今日は時間が許す限り観光です。セント・ポールズ大聖堂へは、ホテル~ハマースミス~グロスター・ロード(乗り換えてサークルライン)最寄、マンション・ハウス駅と乗継、駅から意外とすぐで付きます。

 ただ、朝が早かったため観光客はおらず、何人か並んでいる列に並んだら、みんなが変な顔をするのです。そうです。並んでいる人は礼拝だったんですね。行かれる方は時間に注意しましょう。

 ここから、また、駅まで戻って、タワーヒル駅へ。ちなみに街中はほとんどトイレがありません。駅にもあまりなさそうでした。その点がちょっと大変でした。だって、ロンドン塔が開いてすぐにトイレに駆け込んだの私ですもの(大笑)

DCF00015_convert_20080327002049.jpg


 開くのが9時なのにその前には門の前で待ってました。この時期の朝は寒い…。防寒対策はしていきませんとね。最初に入ったロンドン塔内はらせん階段で寒気がしました(体の冷えすぎか…)いいえ、牢獄だった時期もあるそうなので、その影響でしょうか?また、別の所にあった宝物庫では、戴冠式で使う王冠などが厳重な中、飾られています。これは必見です。何回も往復して見ましたもん。

DCF00022_convert_20080327002145.jpg


 ロンドン塔のすぐ隣にあります。ここで観光もほぼ終わりです。最後に橋が上がればと思いましたが、そうはいきませんね(笑)この後、バッキンガム宮殿に戻って、最後のイベント近衛交代式です。

DCF00026_convert_20080327002241.jpg


 場所取りが重要ですよね。私は、ヴィクトリア像のある方で場所をとりました。バッキンガム宮殿側でとった人はどんどん人が増えて大変そうでした。写真にはありませんが、馬に乗った警官が巡回しています。結構、強引に整頓していたので、早めに来ることをお勧めします。ちょっと長めですが、見ていくといいと思います。

 最後にホテルからヒースロー空港に帰る際、送迎がなんとベンツなのです。しかも英国紳士の運転手。すごい!!安いパックなのに…。ガイドさんに聞いたら、送迎する人が少なかったのでベンツになりましたと…行きと違いすぎる(笑)もう二度と乗ることがないだろうとかみしめながら乗りました。一緒に帰る人はもう一人しかいなかったですね。

DCF00030_convert_20080327002355.jpg


 イギリス滞在最後の写真です。これでイギリス国旗が飾ってあれば最高ですね!!また、イギリスに行くぞ~!!英国万歳!!

 ヒースロー空港の中は免税店が多く入っています。ただし、搭乗ゲート付近にはトイレがないので、行かれる方は、免税店付近で行かれることをおすすめします。

 とうとうお別れ、19時JAL402便(フライト11:50)で出発。翌15:50成田空港到着。やっぱり、日本は人が多い…。この後、日本が月曜だと忘れていて、上野経由で帰ったらとんでもないラッシュ。

 現実に戻るまで早かったな…。

でも、また行きたいです、イギリス!!しいて言えば、もうちょっとポンドは安くならないもんでしょうか(笑)

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
 イギリス旅行も3日目となりました。では、さっそく続きをどうぞ!!

DCF00032_convert_20080327000052.jpg


 やっぱすごいですよね~橋が工事してたこともありちょっと残念でしたが、すごくいい!!ここでビッグベンの鐘の音がなり9時でした。その音はとても荘厳でした。

ちょうどタクシーと現地の人も一緒に写っているのでお気に入りの一つです。ちなみに、この橋を渡りきったたもとに、映画007の秘密基地につながる入口があります・・・。(設定では)

DCF00034_convert_20080327000156.jpg


 すごい細工ですよね!なかなかのもんです。一人感動、周りは通勤。すんません、じゃまですかね?

このビッグベンは中を見学することもできます。しかし、手荷物検査は厳重にやっています。私は遠慮しておきました。

この辺でトイレに行きたくなった私。探しているときはなかなかないトイレ。どうでもいいとき、そこらじゅうにあるのもトイレ。ちょうどこの周辺に地下鉄ウエストミンスター駅があったのでその通路にあったトイレで済ませました。ちょっと人が少なかったので不安かも。

DCF00029_convert_20080327000224.jpg


 ビッグベンの写真を撮って後ろを振り向くとロンドン・アイです。ブリティッシュエアウェイズで手掛けているそうなんですが、私は乗りませんでした。なんか、ロンドンに似つかわしくないと思いません?ロンドン行って観覧車っつたってね~。やっぱり伝統あるものを見なきゃと写真のみ。

DCF00041_convert_20080327212915.jpg


 王室ゆかりのウエストミンスター寺院です。残念ながら私が訪れた時はまだ、空いておらず…。外のみの見学です。ここは結構開く前から人がいましたね…。ここで多くの戴冠式もやるし、葬られてもいます。今度ロンドンに行った際は、是非行かなきゃ!

DCF00043_convert_20080327213052.jpg


 ウエストミンスター寺院を後にし、また、てくてくと来た道をもどり、トラファルガー広場へ、ネルソン提督がお出迎えです。ちょっと高いので写真を撮るのは大変です(笑)その奥に、ナショナルギャラリーやナショナル・ポートレートギャラリーがあります。うれしいのは入館料はタダ!!すばらしい!ここでは、教科書で見たことのある絵がたくさんあります。絵があまり分からない自分でも、エリザベスⅠ世の肖像画の迫力に驚きました。

DCF00036_convert_20080327212750.jpg


 天気は悪くなりまして、少し雨に降られました。絵画を見ている間に雨はやみました。もうちょっと、天気が良ければ、ビッグベンもきれいに見れるのですが・・・。距離的には近いですよね!

DCF00049_convert_20080327000854.jpg


 途中、ピカディリー・サーカスを過ぎて、リージェント・ストリートへ。この辺に三越のショップがあります。また、マイバスの事務所があります。とりあえず、場所だけは確認しておきました。買物は明日に時間がとってあるので、とりあえず通り過ぎます。この通りに、ユニクロもありました。

このあと、午後に出発するウィンザー城のツアーまで時間があるので、待ち合わせ場所のいぎりす屋の場所を確認しました。この周辺にはJCBカウンターの事務所があります。何か困ったことがあったら寄るのも手です。私はここを訪れて、バッキンガム宮殿の近衛交代の情報を仕入れました。

DCF00050_convert_20080327000946.jpg


 午後のツアーまで時間があったので、明日行く大英博物館の場所を確認しに、いぎりす屋から歩いていきました。が、途中で道を間違え、大英博物館の裏手に回ってしまいました。

でも、何とかツアーの待ち合わせ時間には間に合いました。朝食をしっかり食べたこともあり、昼食はボルヴィック1本です(笑)。いぎりす屋に着いたときは、すでに乗るバスがいました。どうやら、午前中にロンドン市内を回ったツアーが午後ウィンザー城に行く途中で私を拾っていくという感じだったようです。そちらの方は、昼食をとって待っていたそうです。時間より早く行ったのですが…。途中参加は私だけでした。しかも一人。でも、ガイドさんの人柄の良さに救われました。結構一人でも楽しく行けました。

DCF00052_convert_20080327001110.jpg


 バスで1時間くらいでしょうか。そんなに運転も荒くなく到着しました。ロンドン市内を抜けるとホント中世の町並みと言いますが、時間がとまったようで…。

DCF00054_convert_20080327001222.jpg


 この駅近くにお土産屋さんがいくつかあります。わたしは、この中にあるカレンダーを売っている所でカレンダーを買ったところ、英語がわからず、要らぬカレンダー入れを買わされてしましました。あれは作戦かなと思うふしが・・・。

何分にも経験ですね(笑)あちらも悪気があったわけではないし…。まぁ旅の思い出ですね。

DCF00055_convert_20080327001322.jpg


 ウィンザー城 入り口では、入念なボディチェックがあります。週末には、よく女王陛下が訪れるとのことでしょうがないですね…。

DCF00062_convert_20080327001353.jpg


 ここより中はガイドなしで個人での見学です。写真が撮れなかったのが残念です。中には、武具がたくさん飾ってあったり、陶器の展示もあり、ガーター勲章の飾ってある部屋は圧巻でした。今まで見た中で、最高のお城です。外見は、古いんですけどね。

個人で電車で来ると、乗り換えとかあるので面倒なようです。ウィンザー城だけのツアーもあるので、是非、ロンドンに来たら、行ってみてください。ちなみに、見学後はちょっとしたお土産屋さんがあります。ここでしか買えない物もあるので要チェックです。いくつかは、バッキンガム宮殿の横にあるショップと重なるものもありますが・・・。2つとも王室関係なので。

DCF00073_convert_20080327001558.jpg


 ツアーから帰り、到着のいぎりす屋でちょっとお土産品を見ながら、隣にある日本料理屋で夕食です。うどんとお寿司のセットで1700円くらいだったかな。

でも日本語の通じる安心さと日本食が食べたくて頂きて来ました。握っている人をみてびっくり!黒人の方でした。異文化交流ですね(汗)でも、おいしかったですよ。最寄りのオックスフォード・サーカス駅からヴィクトリアラインでグリーン・パーク駅で乗り換え、ピカディリーラインでハマースミス駅まで帰り、やっぱり近くのスーパーに寄って帰りました。30分くらいでしょうか?この位の距離だったらどうってことはないですね!!

 こうやってみると、大変内容の濃い一日でした(汗)

 次回をお楽しみに♪
 


 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
 2日目。今日は朝早くから行動です。朝食は部屋まで持ってきてくれます。時間を指定して部屋で食べました。意外とボリュームありました。

 最寄りのハマースミスでの出来事。初めてのイギリスでの切符買い。わからない…。

 そんなとき、こうやるんだよって言葉は分らないけど、そんなことを言っているような人が一人!

 そういう詐欺があるから注意!!って観光本で読んでいたのでかなり緊張!!でもこの人は単純に教えてくれていたのだ~。なんていい人なんだ~。早速、英国紳士を見ることができ感動しました。

 ちなみにこのハマースミス駅、数路線入っています。間違えないように!私はロンドン塔に行く時、間違えました(笑)ピカディリーラインでハイド・パーク・コーナーへ。もう7時半頃にはバッキンガム宮殿周辺まで来てましたね!

DCF00001_convert_20080326234814.jpg


観光の始まりはバッキンガム宮殿(写真はウェリントン・アーチ)

 さきほどのウエリントン・アーチを過ぎ、ずっと歩くこと10分くらかな?いよいよバッキンガム宮殿です!いや~すっげ~すっげ~一人で言いまくりです。

DCF00005_convert_20080326235038.jpg


 いよいよバッキンガム宮殿♪♪♪

DCF00008_convert_20080326235323.jpg


 朝早いせいか、まだ、清掃をしています。この清掃車は王室専用のようです。

 ちなみに後日談ですが、この前日、つまり、自分がロンドンに到着した日、サッカー選手のベッカムがエリザベスⅡ世に謁見してナイトの称号を得た日だったのです。

 なんてオシイことしたんだ~がっくし。しかし、このときは全く知らず(笑)

DCF00013_convert_20080326235359.jpg


 やっぱり、こういう紋章見ると興奮しちゃいますよね!!さながら日本でいう葵の御紋か?いや、違うな、やっぱ風格を感じるもの!!って一人でしゃべってました。周りは清掃のひとしかおらず…。

 でも、写真だけでも一度朝早く撮りにいくといいですよ!後日、訪れた際は、パレードも関係していたかもしれませんが、すごい人だかりでした。

DCF00020_convert_20080326235530.jpg


 お気に入りの一枚です。やっぱロンドン来たら、バッキンガム宮殿ですな!相変わらず、一人で喋る自分。全然気にしません。だってほとんど人いないんだもの(笑)、この時期は中には、入れませんが、春・夏あたりの一定の期間、中に入ることができるそうです!!!ぜひ入ってみたい!!でもその時期は一番高い時期!!むむむっ絶対お金貯めて行ってやる~!

DCF00014_convert_20080326235637.jpg


 ヴィクトリア女王像!きれいですね~、朝だったので朝日に浴びてなおさらGOOD!

DCF00015_convert_20080327212647.jpg


 輝く金ですよ!!ヨーロッパってこういう像がそこらじゅうにありますよね!すごくいいですよ!日本でこういうのってないですもんね…。

DCF00017_convert_20080326235809.jpg


 今日はバッキンガム宮殿に女王陛下がいます。ユニオンジャックが上がってるでしょ?

 ちなみにいまご覧になってきた写真の建物には女王陛下は住んでいません。もっと奥まった所に別の建物があるそうです。写真を撮ってびっくりしたのは、見てわかります?ユニオンジャックのちょい左下の所になんと監視カメラが!!

 すごい!さすが、ロンドン市内を歩くと必ずカメラに写ると言われるだけある。っつうことはひとりではしゃぎながら宮殿の周りをチョロチョロしていた私はマークされていた?ありゃりゃ、おはずかし(汗)そろそろ次に行きますかな?

DCF00021_convert_20080326235842.jpg


 さて、次は歩いてビッグベンだ~!!でも名残惜しくて、振り返ってもう一枚。やっぱ車がたくさん写ってしまう…。そりゃそうで、皆さんお仕事ですもんね。

DCF00024_convert_20080326235912.jpg


 バッキンガム宮殿からまっすぐ歩いてくるとアドミラルティ・アーチになります。ちなみに真ん中の門は国王陛下専用で公式行事以外では使用しないそうです。

DCF00025_convert_20080326235957.jpg


  アドミラルティ・アーチを過ぎたら、右へと行きます。すでに、ビッグベンは見えています。途中にいた兵隊さんを撮りました。ここは、近衛騎兵連隊の司令部だそうです。

 朝早かったため、人のみですが、10持過ぎになると騎馬兵が門を守るそうです。それも見たかったな~。ちなみに、バッキンガム宮殿の前で自宅に8時に電話しているので、この時間でも、まだ8時半頃でした。今度行ったら、騎馬兵見なきゃ!!

DCF00042_convert_20080327213016.jpg


 もうこのへんは官庁街ですね、通り道から、首相官邸が見えました。イギリスの首相の割にはこじんまりしてまして、こんな遠くからしか見えませんが、日本のが豪華すぎますよね~~。いよいよビックベンだべ!



 2日目続き以降は、また次回に♪



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
 
 海外2回目はイギリス ロンドンです。

前回はオーストラリア ケアンズで大自然を満喫しました。ケアンズを初海外に選んだのは、なんといっても、治安の良さ&大自然の魅力です。

んで、2回目のロンドンでは何と言ってもお城♪です。貴族も存在すれば、お城もわんさかわんさか。城好きにはたまりません。

 ウィンザー城は現在も女王陛下の城として週末を過ごされているということで、大変豪華。写真を撮ってお見せしたいのですが、何と中の写真撮影は固く禁止されています。

 撮ればイギリスから出さないとまでガイドから言われたので、写真は撮っていません。残念ですが、この感動はぜひ行ってみてください。そして、行けない人は気分だけでも…。

 ちなみに、今回も空港の写真やホテルの写真がありませんので(デジカメの容量が足りなくなり、ホテルや食事は泣く泣くけしてしまいまして…)一部、ほかの写真を用いる場合があります。少しでも多くの写真をお披露目します。ではではロンドンの旅始まり始まり~!!


 11/27第1日目、今回は男1人旅です。ヨーロッパは一人で行っても十分に楽しめますよね!今回は京成スカイライナーを使わず、大宮(埼玉)まで出てそこからONライナーにて成田空港へ。案の定、首都高で渋滞に巻き込まれ40分遅れ…。乗り換えが少ない分の代償か。やっぱり行きに遅れるのはちょっとドキドキしますよね。出発3時間前につくようにしているので、その後には影響ありませんでしたが、空港までバス使われる方要注意です(笑)

 また、今回はひとり旅なので、きっとさみしくなるだろうっつこともあり、空港にあるドコモカウンターでイギリスでも使える携帯を借りました。ちょっと手続き・設定が面倒なんですよねこの携帯…。借りる手配は前もってドコモにしておきました。また、JCBカウンターではJCBカードと航空券を持っていくと現地案内やウェットティッシュをくれました。もらえるものはもらっていきましょう(笑)当日の空港は早く行ったせいもあり、搭乗手続きや手荷物預けなどすんなりいきました。やっぱ空港には早め到着ですな。

DCF00029_convert_20080327002308.jpg


空港へ(写真はバッキンガム宮殿近くのセント・ジェームス・パークにいた野生のリス)

 今回も出発前におそばを・・・。次回は寿司にしたいよね~。いつも食べた後に思い出す(笑)やっぱり貧乏性だな…。んで携帯の設定にてこずりながら、出発時間。14:15JAL-403にて成田出発。機内は満席で座席は3-4-3の配置。窓側に座りましたが、ほとんどロシア上空なので、永久凍土が月明かりに照らされているような状態でして(汗)

 でも、イギリス上空では、民家がマッチ箱のように見え、すごくきれいだったのを覚えています。やっぱり、トイレの心配しますよね!搭乗時間12時間40分!!

 案の定、通路側の人が席を立った際に隣の方も自分もついでに行かせてもらいました。寝ているところをちょっと失礼っつたって狭いので無理です。それを考えると通路側の方がよろしいかと思います。日本航空だったので言葉の心配はありませんでした。

 17:55ヒースロー国際空港着。入国手続ではスキンヘッドの怖そうな方が…。でもやはり日本人!手続きは簡単に済みました。違うところに中東の方が手続きをしてましたが、やはり、テロ事件後ということもあり、大変時間がかかっていました。こんなところで日本人で良かったって感じるとは…。

DCF00046_convert_20080327213129.jpg


さあロンドンへ(写真はトラファルガー・スクエアです。三越じゃないよ(笑))

 外に出るとホテルまでのガイドさんがいて、何人だろう5~6人かな?集まってバス(大きいバンといったところでしょうか)に乗ってロンドン市内へ。道路では、観光専用のレーンがあり、市内まであまり渋滞に巻き込まれずに行けました。どのくらいだろう30~40分くらいかな?ただ、運転が荒く、正直酔いましたね、かなり…。

 そして、宿泊先のノボテル・ロンドン・ウエストホテルヘ。いくつかのホテルを回るようですが、最初に着きます。ホテルが目の前にあるのに正面玄関に車をつけるため、ホテルを半周して入りました。もう酔っちゃって酔っちゃって…。車酔いされる方、ご覚悟を!!たまたま運転の荒い人だったのか、いや走る車を見る限り、みんな荒く見える…。私も、行った時期が寒い時期だったため、コートを着たまま乗車していたことが悪かったようで・・・。

DCF00038_convert_20080327212825.jpg


空港~ホテル移動(写真はロンドン市内にあったポストです)

 ホテルに到着したら、ホテルチェックインをしてくれるガイドさんがいました。ここで降りたのは自分だけでしたね。ちなみに私はJALパックのAVAフリーステイで行ったのですが、やっぱりこのツアーで行ってよかったです。だってこのホテル全く日本語駄目なんですもの(笑)ガイドさんがチェックインをしてくれている間、酔いさましをしてました。そして、部屋までガイドさんが案内をしてくれました。すごくうれしかったです。

 そして、一人になったとき、何と電話が!!こういうとき素が出ますね。「はい、もしもし」ここイギリスじゃん。電話してきたのはさっきのガイドさんでした。

 「お部屋のお風呂のお湯が出るかの確認を忘れていまして…」あっそうでしたね、ホテルに着いたら、お風呂のお湯の確認をしましょう!出ないと悲惨ですもんね(笑)ちなみに、部屋はカバンを開くのにも十分でした。窓からはヒースローに着陸する飛行機の照明が見えてきれいでした(喜ぶのは私だけか、でもね飛行機が3つも並んでるんだよ!)

DCF00076_convert_20080327001648.jpg


宿泊地 ノボテル・ロンドン・ウエストホテル(写真はロンドン市内)

 ホテルにある貸金庫ですが、使い方がわからず、使えませんでした。チェックインカウンターの横にあるのですが、クレジットカードを通して使うらしいのですが、もう一人いた日本人の方も結局使うことができずじまいで・・・。

 さて、ホテルの近くにはスーパーみたいのがあります。ハマースミス駅の建物の中にあるのですが、夜訪れた際、簡単な総菜などの食材を調達するのに使いました。味は、んーあんまりね~っといった感じ。滞在している間に味は慣れました(笑)何回も行くうちに店員さんが話しかけてくれましたが、何を言っているんだか全く分からず、とりあえず笑顔・笑顔。

 水はボルヴィックなどを買ってください。水道水は多分合わないと思います。ハマースミス駅からほんと5分くらいなのですごく使いやすいと思います。ランクBで中心部から若干離れていますが(っといっても20分もあればだいたい行けます)不便さは感じません。むしろ、またロンドンに行く際はこのホテルをチョイスしたいと思います。

DCF00047_convert_20080327000758.jpg


ホテル周辺(写真はロンドン市内 バーバリーにて紋章左がエリザベスⅡ世・右がチャールズ皇太子御用達の証)

 長々と書きました。明日からいよいよ観光です!!どうぞご覧ください!!



 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。